トップ > 説教要約 > 2007年受難週説教


【受難節の説教】  「ペトロを告発する者たち」  辻 幸宏牧師


  ルカによる福音書22章54〜62節

  :54 人々はイエスを捕らえ、引いて行き、大祭司の家に連れて入った。ペトロは遠く離れて従った。55 人々が屋敷の中庭の中央に火をたいて、一緒に座っていたので、ペトロも中に混じって腰を下ろした。56 するとある女中が、ペトロがたき火に照らされて座っているのを目にして、じっと見つめ、「この人も一緒にいました」と言った。57 しかし、ペトロはそれを打ち消して、「わたしはあの人を知らない」と言った。58 少したってから、ほかの人がペトロを見て、「お前もあの連中の仲間だ」と言うと、ペトロは、「いや、そうではない」と言った。59 一時間ほどたつと、また別の人が、「確かにこの人も一緒だった。ガリラヤの者だから」と言い張った。60 だが、ペトロは、「あなたの言うことは分からない」と言った。まだこう言い終わらないうちに、突然鶏が鳴いた。61 主は振り向いてペトロを見つめられた。ペトロは、「今日、鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」と言われた主の言葉を思い出した。62 そして外に出て、激しく泣いた。



 今日あたえられた御言葉は、有名なペトロの離反の場面です。主イエスが、最後の晩餐においてペトロの離反を預言され、実際に主イエスが裁判を受けている最中、明け方前に起こることです。全福音書が記しています。
 ここのところで今回は、ペトロを告発した人たちに注目したいと思います。
 ペトロは三度、主イエスを否定するわけですが、それはペトロが多くの人たちに主イエスの弟子であると語っているということです。一人目はある女中です(56)。マルコ書(14:66)では、大祭司に仕える女中であることが分かります。
 二人目は、ほかの人です(58)。この二番目の人に関しては、各福音書異なります。(マタイ26:71) ペトロが門の方に行くと、ほかの女中が彼に目を留め、居合わせた人々に・・言った。(マルコ14:69) 女中はペトロを見て、周りの人々に・・また言いだした。(ヨハネ18:25) シモン・ペトロは立って火にあたっていた。人々が・・と言う。
 三人目は、また別の人です(59)。(マタイ26:73)そこにいた人々が近寄って来てペトロに言った。(マルコ14:70) 今度は、居合わせた人々。(ヨハネ18:26) 大祭司の僕の一人で、ペトロに片方の耳を切り落とされた人の身内の者が言った。
 つまり、ルカ福音書だけを見ると、ペトロは3人の人に主イエスを否定しているに過ぎないのですが、他の福音書を照らし合わせてみますと、ペトロは多くの人たちに対して、主イエスを否定していることが分かるかと思います。ここのペトロの恐怖を読み取ることが出来るのですが、立場を変えて語りますと、多くの人たちが主イエスの行動を、そして主イエスの周りにいる人たちのことをつぶさに見ているということです。彼らは、時として、主イエスの奇跡や癒し、権力ある言葉に引かれ、従ってきていた人たちでしょう。しかし、権力を持つ者が、迫害を行い始めると、すぐに逃げていく人たちです。
 つまり、ペトロの周囲にいて、ペトロを「主イエスの弟子である」と告白する人たちは、私たちキリスト者の周囲にいる人たちそのものの姿であります。そしてまだ同時に、通常は教会にも来ることなく、教会に対して意見することもなく、黙っている私たちの周囲に住む人たちですが、私たちキリスト者の行動を見ていると言うことでもあります。

 人々はキリスト者の行動をつぶさに見ています。その中にあって、私たちはキリスト者として問われているのです。ペトロは、主イエスと同じように捕らえられ、裁判にかけられること、さらには死刑に処せられる可能性があることをおびえ、権力の側にすり寄ってしまいます。私たちはどうでしょうか。
 頭で考えると、その場をしのごうと、行動してしまいます。人間的な弱さが出るのです。しかし私たちは、ペトロが主イエスを否定している最中、主イエス御自身が誰のために苦しまれ、十字架の死にまで従順であられたのか、主イエスが私たちに何をお与えくださったのかを確認しなければなりません。キリストの十字架の苦しみと死は、私たちの救いのためです。主イエスは私たちに罪の赦しと永遠の生命をお与えくださったのです。私たちには、この目先の言い逃れではなく、主によって与えられる希望の約束を見定めつつ、歩むことが求められているのです。

                                               (2007.3.28)


COPYRIGHT(C) 2007 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る