トップ > 説教要約 > 2007年受難週説教


【受難節の説教】  「罪を見いだせない人」  辻 幸宏牧師


  ルカによる福音書23章1〜25節

  1 そこで、全会衆が立ち上がり、イエスをピラトのもとに連れて行った。2 そして、イエスをこう訴え始めた。「この男はわが民族を惑わし、皇帝に税を納めるのを禁じ、また、自分が王たるメシアだと言っていることが分かりました。」3 そこで、ピラトがイエスに、「お前がユダヤ人の王なのか」と尋問すると、イエスは、「それは、あなたが言っていることです」とお答えになった。4 ピラトは祭司長たちと群衆に、「わたしはこの男に何の罪も見いだせない」と言った。5 しかし彼らは、「この男は、ガリラヤから始めてこの都に至るまで、ユダヤ全土で教えながら、民衆を扇動しているのです」と言い張った。
  6 これを聞いたピラトは、この人はガリラヤ人かと尋ね、7 ヘロデの支配下にあることを知ると、イエスをヘロデのもとに送った。ヘロデも当時、エルサレムに滞在していたのである。8 彼はイエスを見ると、非常に喜んだ。というのは、イエスのうわさを聞いて、ずっと以前から会いたいと思っていたし、イエスが何かしるしを行うのを見たいと望んでいたからである。9 それで、いろいろと尋問したが、イエスは何もお答えにならなかった。10 祭司長たちと律法学者たちはそこにいて、イエスを激しく訴えた。11 ヘロデも自分の兵士たちと一緒にイエスをあざけり、侮辱したあげく、派手な衣を着せてピラトに送り返した。12 この日、ヘロデとピラトは仲がよくなった。それまでは互いに敵対していたのである。
  13 ピラトは、祭司長たちと議員たちと民衆とを呼び集めて、14 言った。「あなたたちは、この男を民衆を惑わす者としてわたしのところに連れて来た。わたしはあなたたちの前で取り調べたが、訴えているような犯罪はこの男には何も見つからなかった。15 ヘロデとても同じであった。それで、我々のもとに送り返してきたのだが、この男は死刑に当たるようなことは何もしていない。16 だから、鞭で懲らしめて釈放しよう。」17 (†底本に節が欠落 異本訳)祭りの度ごとに、ピラトは、囚人を一人彼らに釈放してやらなければならなかった。18 しかし、人々は一斉に、「その男を殺せ。バラバを釈放しろ」と叫んだ。19 このバラバは、都に起こった暴動と殺人のかどで投獄されていたのである。20 ピラトはイエスを釈放しようと思って、改めて呼びかけた。21 しかし人々は、「十字架につけろ、十字架につけろ」と叫び続けた。22 ピラトは三度目に言った。「いったい、どんな悪事を働いたと言うのか。この男には死刑に当たる犯罪は何も見つからなかった。だから、鞭で懲らしめて釈放しよう。」23 ところが人々は、イエスを十字架につけるようにあくまでも大声で要求し続けた。その声はますます強くなった。24 そこで、ピラトは彼らの要求をいれる決定を下した。25 そして、暴動と殺人のかどで投獄されていたバラバを要求どおりに釈放し、イエスの方は彼らに引き渡して、好きなようにさせた。



 ルカ福音書では、最高法院における裁判がしるされています(22:66-)。彼らは最高法院で一致してイエスを処刑にすることを願いました。しかし彼らには、裁判を行う権能が与えられていましたが、人を死刑に処する場合、ローマ総督の許可が必要である、彼らはイエスをポンティオ・ピラトの下に連れて行くことになります。
 ローマ総督ポンティオ・ピラトは、イエスの有罪性を否定します。ここで注目に値することは、ピラトはイエスに対して「ユダヤ人の王なのか」との尋問したことに対して、イエスがひていしなかったにも関わらず、ピラトはイエスを有罪とは定めなかったことです。これは、ピラトにとってイエスが、恐怖を覚える相手ではなかったからです。それは、イエスがピラト自らの地位を奪うような者ではなかったからです。つまり、彼はイエスが霊的な王であると理解したのです。霊的な王であるイエスに対して、政治的な指導者であるピラトは、法に従って裁く意義を感じなかったし、恐怖も覚えなかったのです(参照:ヨハネ18:36-37)。
 一方ヘロデも、ピラト同様にイエスの有罪性を認めません(14b-15)。むしろ、ヘロデは興味本位にイエスと会うことを楽しみにします(8)。そして自分の手でイエスを裁くことを好まず、ピラトの下にイエスを送り返します。そして、ピラトも自分では死刑を宣言することはできず、主イエスを無罪放免にしようとします。
 しかしピラトに食い下がったのが民衆です(18)。バラバとは、ローマの支配に対する暴動であり、恐ろしい存在でありましたが、同時にローマの支配から独立するというユダヤ人としての彼らの悲願を達成しうる存在でもあったのでしょうか(19)。
 つい一週間前(19:28〜)、主イエスがエルサレムに入場される時に、歓声をあげ、神を声高らかに讃美していた民衆が、今一斉に主イエスの十字架に架けようとしているのです。ここに民衆が世論は流れに巻き込まれている姿があります。世論とは権力者が誘導します。長いものに巻かれろの思いです。イエスを十字架に架けて殺したいと願っていたのは、何よりも最高法院のメンバーです。民衆にとっては、ユダヤ人社会の中で生きていくことが大切なのであり、彼らは最高法院のメンバーににらまれると生きていけなかったのです。
 つまり民衆はイエスの命について無責任であり、己が大切なのです。ピラトもヘロデも同じです。人ひとりの命を左右する裁判において真理を追究することなく、最終的に自らの損得を天秤に計り行動したのです。そうした人々が、キリストを十字架に送ったのです。
 主は人を裁く時には、神に属することであるからこそ、注意深く、神に従うことを求めておられるのです(参照:申命記1:16-18)。主イエスの裁判ではこうしたことがいっさい忘れ去られていたのです。
 日本では、2009年5月から、裁判員制度が始まります。年間約3600件の事件が私たちの手で裁くこととなります。それらは、殺人・強盗致死傷・傷害致死・危険運転致死など、社会的に注目される裁判です。私たちは、キリストを十字架に架けた彼らのようにではなく、真理に基づき裁きを行うことが求められていくのです。
 そうした中、主イエスは十字架にお架かりになられます。そして主イエスは、こうした人々の弱さ、さらには私たちの弱さをご存じで、この私たちの弱さ・罪を担って十字架にお架かりになられるのです。ここで私たちに求められることは、真理を貫く強さです。そしてこの真理こそ、主によって与えられた御言葉に従うことであり、言い換えれば、真理を貫く強さは、私たち自身の主に対する信仰の強さでもあります。
 信仰の強さとは、礼拝に、祈祷会に、集会に、熱心に出席することから出てくるものではありません。もちろん、そうしたことも必要ですが、その前に、人々の弱さを覚えつつ十字架にお架かり下さったキリストの御前に、私たち自身を置くことです。そして主の御前で、主の真理に照らして自分自身を吟味することです。主の真理に対して、私たちは何一つ誇ることはできないのです。何も誇ることができない私たちを、キリストが栄光に満ち、喜びに満ちて生きる者として下さったのです。
 本来ならば、罪の故に、死に、それも永遠の死に渡されるべき私たちを、キリストの十字架によって、罪が赦されて救い出され、神の子として永遠の生命が約束されたのです。キリストの私たちに成し遂げて下さった御業を顧みる時、私たちは自らの弱さに言い訳ばかりを言っているわけにはいかないのです。キリストによって生かされた者として、信仰者としての歩み、真理を貫く歩みが求められるのです。

                                               (2007.4.1)


COPYRIGHT(C) 2007 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る