トップ > 説教要約 > 2007年受難週説教


【受難節の説教】  「正しい人、イエス」  辻 幸宏牧師


  ルカによる福音書23章44〜56節

  44 既に昼の十二時ごろであった。全地は暗くなり、それが三時まで続いた。45 太陽は光を失っていた。神殿の垂れ幕が真ん中から裂けた。46 イエスは大声で叫ばれた。「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。」こう言って息を引き取られた。47 百人隊長はこの出来事を見て、「本当に、この人は正しい人だった」と言って、神を賛美した。48 見物に集まっていた群衆も皆、これらの出来事を見て、胸を打ちながら帰って行った。49 イエスを知っていたすべての人たちと、ガリラヤから従って来た婦人たちとは遠くに立って、これらのことを見ていた。
  50 さて、ヨセフという議員がいたが、善良な正しい人で、51 同僚の決議や行動には同意しなかった。ユダヤ人の町アリマタヤの出身で、神の国を待ち望んでいたのである。52 この人がピラトのところに行き、イエスの遺体を渡してくれるようにと願い出て、53 遺体を十字架から降ろして亜麻布で包み、まだだれも葬られたことのない、岩に掘った墓の中に納めた。54 その日は準備の日であり、安息日が始まろうとしていた。55 イエスと一緒にガリラヤから来た婦人たちは、ヨセフの後について行き、墓と、イエスの遺体が納められている有様とを見届け、56 家に帰って、香料と香油を準備した。
  56 婦人たちは、安息日には掟に従って休んだ。



 今日、私たちは主イエス・キリストの死からの復活を記念して、礼拝を守っています。キリストの十字架と復活こそが、キリスト者の信仰の原点です。
 キリストの十字架と死があったからこそキリストの復活があり私たちは祝うことが出来ます。キリスト者にとっては自明のことです。しかしキリストによる救いを受け入れることが出来ない人たちにとっては理解することの出来ないことでしょう。だからこそキリストの復活に対して様々なことが語られてきたのです。第一は仮死説で、キリストは実は死んでいなかったと言います。第二は復活自体が弟子たちの作り話であるとする説です。第三は復活のキリストは亡霊であるとの説です。神さまを信じることが出来ない人たちは、人の復活も信じることが出来ず、自分たちの理屈にあうように聖書を読み替えるのです。
 しかしキリストの死について聖書は証言します。ルカ福音書はヨセフが葬ったことを記します(23:50-56、参照:ヨハネ19:31-35)。ここにキリストの死に立ち会った多くの人たちの証言が記録されているのです。そして、キリスト死のみならず、キリストが復活し、多くの弟子たち・民衆の前に出てこられたことを、福音書はこぞって証しします。
 しかしこの事実は信仰ぬきにキリストの復活を信じることは出来ません。ここには信仰によって導かれた真理があるからこそ受け入れることが出来るのです。このことを百人隊長は証しします(47)。百人隊長は「本当に、この人は正しい人だった」と語ります。「正しい」とは「正義・神の義」です。つまり、相対的な価値判断が伴う正しさではなく、絶対的な正しさです。神さまは、この神の義を聖書によって私たちに教えて下さっています(律法:十戒)。そして完全なる正しさは、律法を、行いと言葉と心の中において全うすることです。つまり人間であれば、誰一人、神の前で正しい人はいないのです。守り得ないのです。それに対するイエスの正しさです。つまり、イエスこそが神に等しいお方であると、彼は告白しているのです。そして彼は、神を賛美します。
 彼はユダヤ人ではなく異邦人です。その彼が、イエスこそが真の神であると告白します。ここに真理があります。真理とは、国籍・国を超えて、絶対的に唯一です。ユニバーサル(普遍的)と言う言葉がありますが、真理・信仰はユニバーサルでなければなりません。「日本人だから日本の宗教を」と言った、小さな視野ではないのです。そしてイエスこそが、普遍的な真の神だからこそ、自然を超越した奇跡を行い、復活も可能となるのです。
 一方、イエスを葬ったヨセフは「善良な正しい人で」(50)神の国を待ち望んでいました。つまり、イエスこそが真の主・救い主であることを信じ、イエスを信じることにより救われ、神の国に入れられることを信じていたのです。しかし彼の正しさ、イエスの完全な正しさではありません。なおも一人の罪人です。神の前に罪があります。彼の正しさは、キリストを信じることによって与えられた正しさです。それは本来の人間性の回復でもあります。人間は、神にかたどり、神に似せて造られたのであり、命の息が吹き入れられました。この時、人間は正しい者、神の義を貫くことが出来る者であり得たのです。
 しかし、この義を、人は罪を犯すことにより、失ったのです。
 しかし、キリストを信じる者は、キリストの故に義と認められるのです。キリストのように、復活の命が与えられる者とされるのです。正しい者であることと死から復活し、永遠の生命が与えられることは繋がりがあるのです。復活を遂げ、天に昇られたキリストは、再びこの世に来られ、最後の審判を行います。この時に正しい者=キリストの十字架と復活による救いを受け入れたキリスト者は、永遠の生命が与えられ、そうでない者は、自らの罪の故に裁かれるのです。だからこそ、本来ある人間としての姿を取り戻し、神によって与えらる正しさを持つ者のみが、キリストと共に永遠の生命に与る者とされるのです。
 正しくない者、弱さ、醜さを隠し持っている人間が、ただキリストによって正しい者とされ、キリストと共に永遠の生命を持つ者とされたのです。この時、私たちはどのように歩むのですか。なおも罪をさらけ出しつつ歩むのですか。キリストによって正しい者とされたのであれば、正しい者として歩むものへと変えられていくのです。肩書きが人を作ると言います。社長なら社長らしく、議員なら議員らしく、それぞれの持っている肩書きを汚さないように、人は努力するのです。キリスト者はキリストによって正しい者とされ、キリストによって復活し永遠の生命を持つ者とされたのです。なおも弱さ・欠け・罪・醜さを持ちつつも、キリストの正しさ、与えられた正しさに相応しい者としての歩みを始めるのです。だからこそヨセフは善良な者と人々から呼ばれる者となったのです。
                                               (2007.4.8)


COPYRIGHT(C) 2007 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る