トップ > 説教要約 > 2007年受難週説教


【受難節の説教】  「主イエスの復活と神の預言の成就」  辻 幸宏牧師


  ルカによる福音書24章1〜12節

  1 そして、週の初めの日の明け方早く、準備しておいた香料を持って墓に行った。2 見ると、石が墓のわきに転がしてあり、3 中に入っても、主イエスの遺体が見当たらなかった。4 そのため途方に暮れていると、輝く衣を着た二人の人がそばに現れた。5 婦人たちが恐れて地に顔を伏せると、二人は言った。「なぜ、生きておられる方を死者の中に捜すのか。6 あの方は、ここにはおられない。復活なさったのだ。まだガリラヤにおられたころ、お話しになったことを思い出しなさい。7 人の子は必ず、罪人の手に渡され、十字架につけられ、三日目に復活することになっている、と言われたではないか。」8 そこで、婦人たちはイエスの言葉を思い出した。9 そして、墓から帰って、十一人とほかの人皆に一部始終を知らせた。10 それは、マグダラのマリア、ヨハナ、ヤコブの母マリア、そして一緒にいた他の婦人たちであった。婦人たちはこれらのことを使徒たちに話したが、11 使徒たちは、この話がたわ言のように思われたので、婦人たちを信じなかった。12 しかし、ペトロは立ち上がって墓へ走り、身をかがめて中をのぞくと、亜麻布しかなかったので、この出来事に驚きながら家に帰った。


 「主イエス」という言葉は、私たちは普通によく用いる言葉であすが、福音書では特別な意味を持つ言葉です。ルカは福音書を通して唯一ここだけ(24:3)で「主イエス」と言う言葉を用いているのです。他の福音書を見ても、マルコ福音書16:19だけです。ちなみに、ルカが後編として記した使徒言行録で19回、新約聖書全体ではパウロ書簡を中心に117回用いられています。
 「イエスは主である」と語ることは、私たちキリスト者にとって信仰の中心だからです。パウロは、ローマ書10:9で「口でイエスは主であると公に言い表し、心で神がイエスを死者の中から復活させられたと信じるなら、あなたは救われるからです。実に、人は心で信じて義とされ、口で公に言い表して救われるのです」と語り、Tコリント12:3では、「ここであなたがたに言っておきたい。神の霊によって語る人は、だれも「イエスは神から見捨てられよ」とは言わないし、また、聖霊によらなければ、だれも「イエスは主である」とは言えないのです」と語ります。つまり、イエスを主と告白することは、イエスこそが神から遣わされたメシヤであることの信仰告白となるのです。
 新約聖書の時代、「主」という言葉は、異邦世界では王とか偶像の神々を意味しておりました。それゆえ「イエスは主である」との表現には、イエスこそ真の神であり支配者である、他には主はいないという信仰の告白となるのです。当時のローマ皇帝は自らを神格化しようとしていたのです。「主の主」という表現は、神格化されたローマ皇帝に対して、父なる神とキリストこそが真の主であることを教えているのです(黙17:14,19:16)。
 そして、クリスチャンにとってイエスを主と呼ぶことは、その信仰の本質です。イエスを救い主と告白するだけでなく、イエスとの霊的、人格的交わりを持っていることを告白するです。「主にあって」という表現はこの考えをよく伝えています(ロマ8:39など)。
 初代教会にとって、「イエスは主である」と告白することは重要であったのです。その告白を、ルカはここで初めて用います。つまり、イエス様が十字架の死を成し遂げられ、死して葬られた後、三日目に復活したのです。墓に主イエスの遺体が見当たらなかったとは、遺体が盗まれたのではなく、復活されたことを語るのです。主なる神であるイエスが復活を遂げられたことを聖書は語るのです。

 次に、二人の天使が語ります。「なぜ、生きておられる方を死者の中に捜すのか。あの方は、ここにはおられない。復活なさったのだ。まだガリラヤにおられたころ、お話しになったことを思い出しなさい。人の子は必ず、罪人の手に渡され、十字架につけられ、三日目に復活することになっている、と言われたではないか」(24:5-7)。これは、主イエスが十字架に架けられる前に語っていた言葉です(9:21-27、43-45、18:31-34)。「人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちから排斥されて殺され、三日目に復活することになっている。」(9:22)。
 イエスこそが主であると語る聖書は、主が約束された預言の言葉を成就するお方であることも語ります。ここにこそ、私たちの救いの確信が出てくるのです。だからこそ、婦人たちはイエスの言葉を思い出した時、ここでは語られていませんが、イエスを主と信じたのではないでしょうか。「婦人たちは、恐れながらも大いに喜び、急いで墓を立ち去り、弟子たちに知らせるために走って行った。」(マタイ28:8)と語られています。
 主であるイエスが、主の預言を成就して、復活をして下さったのです。その方が、私たちを罪を贖い救って下さること、さらには私たちを迎えに再びこの世に来て下さることを約束して下さっているのです(使徒1:10-11)。私たちはこの主の約束を信じ、主を信じて救いにあることの希望に生きることが出来るのです。

                                               (2007.4.11)


COPYRIGHT(C) 2007 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る