【クリスマスの説教】  「御子イエスの誕生」  辻 幸宏牧師



マタイによる福音書2章1〜12節

  2:1 イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、2:2 言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」2:3 これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。2:4 王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。2:5 彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。
 2:6 『ユダの地、ベツレヘムよ、
   お前はユダの指導者たちの中で
   決していちばん小さいものではない。
   お前から指導者が現れ、
   わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」
  2:7 そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。2:8 そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。2:9 彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。2:10 学者たちはその星を見て喜びにあふれた。2:11 家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。2:12 ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。



T.クリスマスの知らせ
 皆さんはクリスマスをどのような思いで迎えられるでしょうか。プレゼントやパーティー、イルミネーションを楽しみますか。教会では、救い主イエス・キリストの御降誕を覚え、救いの感謝と喜びを新たにします。
 ところで最初のクリスマスはどうだったでしょうか。マリアとヨセフは旅先で誰からの助けも受けることが出来ません。また泊まる部屋も確保することが出来なかったため、イエスさまは家畜小屋でお生まれになったのです。
 東方の占星術の学者たちは、イエスさまがお生まれになった時、エルサレムのヘロデ王の所に来ていました。東方とはバビロンの方でしょう。1000kmに渡る旅、数ヶ月もかかったことでしょう。つまり、彼らがイエスさまの誕生を知ったのはそれよりも遙か前です。彼らは星占い師(天文学者)で、偶像崇拝者です。しかし主なる神さまは、救い主の誕生を、異邦人であり、偶像崇拝者に示されたのです。つまり主は、偶像をも支配し、御自身の御業・御意志を人々に伝えることが出来るのです。そして、主なる神さまを否定していた者も、救い主の誕生を知り、信じ、共にお祝いするために、立ち上がらせるのです。

U.ユダヤの王の誕生に対する不安
 一方、イエスさまが「ユダヤ人の王としてお生まれになった」ことを聞いたヘロデ王は不安に思います(3)。彼は、ユダヤ人の王が産まれるのであれば、旧約聖書に預言されているメシア(救い主・キリスト)であることを理解していました(4)。彼もユダヤ人であれば、メシアの誕生を喜ぶはずです。しかしそうではありません。人々は政治的にローマから解放してくれる強力な王としてのメシアを待望していたのです。それはヘロデには、権力が揺るがされることを意味していたのです。そうでなくても、ヘロデは自らの権力を奪おうとする者があれば、自分の家族や子どもであっても虐殺していたのです。
 一方、メシアの誕生を待ち望んでいた人々も不安に思います(3)。彼らは信仰よりも現実の社会を直視して生きていたからです。私たちは自らの生活に目を向けれなければなりません。教会に来ておられる方の多くがクリスチャンです。しかし日々の生活の中での一つ一つの出来事を、主の御計画・摂理の中に与えられた出来事して解釈し、神さまによる答えを待って行動することは、なかなか出来ません。むしろ神さまを忘れ、現実社会のみを見つめ、社会に適合した生き方をしてしまいます。つまり改革派教会が目指している有神論的人生観世界観、常に主の御前に生きることが出来ていないのです。
 つまり民衆は、メシアの誕生を信仰的に喜ぶ前に、ヘロデ大王の虐殺を恐れたのです。ヘロデ王は自らの王位を守るために何でも行います。事実、ヘロデはベツレヘムとその周辺一帯にいた二歳以下の男の子を一人残らず殺させます(16)。つまり彼らは永遠の祝福よりも、生活の安定を望んだのです。これが現実であり、今の日本の姿でもあります。
 アメリカでは「チェンジ」を唱えたオバマ氏が次期大統領に選出されました。それは政権交代が頻繁に行われているからです。一方日本では、自民党政権が延々と続いています。国民は新しい政権を望みつつも、変化することへの不安も大きいのです。

V.信仰に生きるとは...
 しかし博士たちは現実に縛られることはありませんでした。彼らは人々から賞賛を受け、ヘロデ大王にも接見できるほどです。しかし彼らは、ユダヤ人の王としてお生まれになったキリストを信じます。つまり自分たちが信じていたものとは異なる神さまです。しかし彼らは、膨大な費用をかけ、追いはぎなどの危険を覚えつつ、救い主の誕生のためにベツレヘムに馳せ参じます。そして黄金、乳香、没薬といった最高級な贈り物を持参します。こうした行動に、主の御霊によって与えられた彼らの信仰が表れています。
 主は石からでもアブラハムの子孫を起こすことがお出来になる方なのです(マタイ3:9)。
 つまり信仰とは、毎週教会の礼拝に出席したり、毎日聖書を読んでいれば良いのではありません。主が求めておられることは、今日の御言葉を聞いた人たちが、御言葉に聞き従うことです。今まで神さまを信じていなかった人が、神さまを受け入れ、信じることです。さらにキリスト者が真剣に主の御声に聞き奉仕を行うのであれば、主に献げるべき奉仕として十分な準備をもって、最上級の奉仕を行うことです。そして、日々の生活の中でも、主が何を求め、何を命じておられるかを考えつつ、また祈りつつ生活することです。これこそが、御言葉によって改革され続ける「改革派教会」のキリスト者の歩む道です。


                                              (2008.12.21)


COPYRIGHT(C) 2008 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る