【特別伝道集会説教】  辻 幸宏牧師

「生きる希望」  マタイによる福音書6章25~34節



マタイによる福音書6章25~34節
  25 「だから、言っておく。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。26 空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。27 あなたがたのうちだれが、思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。28 なぜ、衣服のことで思い悩むのか。野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。29 しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。30 今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。まして、あなたがたにはなおさらのことではないか、信仰の薄い者たちよ。31 だから、『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、思い悩むな。32 それはみな、異邦人が切に求めているものだ。あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。33 何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。34 だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。」




 今、日本はどこに向かって進んでいるのだろうか? 日常の生活と将来の生活に不安がある中、なかなか希望を持つことが出来ない状況にあります。
 しかし聖書は、神さまが私たちを希望に満たして下さることを語っています。そして聖書が語る希望に私たちが生きる時、私たちの人生は変えられていくのです。



序.
 今、社会全体が不安定になっているかと思います。そうした中、私たちは未来に対する希望を持って日々の歩み続けることが出来るでしょうか? 主なる神さまは何を私たちに求めておられるのか、聖書の御言葉から考えていきたいと思います。

Ⅰ.あなたの存在価値
 聖書には、「思い悩むな」という言葉が繰り返し語られます。私たちは、現実を知り、現実を考えると、不安になり思い悩みます。では聖書は、無責任なことを語り、現実逃避しているのでしょうか? そうではありません。聖書は「空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、借り入れもせず、倉に納めもしない。」(26)と語ります。私たちは、自分のことを考える時、主観的にすべてのことを見るため、目の前の狭い範囲のことしか知ることが出来ないのです。そして他人をうらやむのです。しかし聖書は、客観的に物事を見ることを勧めます。空の鳥は、将来の計画を立てて、自分が食べる木の実などを育てたり、木の実を蓄えることもしないのです。今の時を一生懸命生きているのです。
 しかし、聖書は「あなたがたの天の父は、鳥を養ってくださる」と語ります。主なる神さまは、今も生きて働いて下さり、鳥に命を与え、養って下さるのです。その上で「あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか」とお語り下さいます。鳥に命を与え下さる神さまは、私たちの命も司られるお方です。私たちは、私たちに命をお与え下さる主なる神さまの位置から、鳥や自分自身のことを見るべきです。そして、神さまはあなたが生きることにこそ、神さまの喜びがあるとお語り下さっているのです。

Ⅱ.生きる希望
 聖書は次にソロモンについて言及いたします。ソロモンは、父ダビデに次いでイスラエルの王に即位し、イスラエルの都エルサレムに神殿と宮殿を建設し、その上で、経済的にも成功を治めます。しかし聖書は、「栄華を極めたソロモンでさえ、この花ほども着飾っていなかった」と語ります。つまり、人間がどれだけ成功し、どれだけの富を蓄え、優雅に暮らすことが出来たとしても、今日花を咲かせ、一晩のうちに枯れてしまう一輪の野の花と比べても見劣りするのです。つまり、私たちが幸福だと思う富・地位・権力を手に入れたとしても、人間は本当の意味での幸福は手に入れることは出来ないのです。野の花に綺麗は花を咲かせて下さる神さまは、今、私たちに命をお与え下さいます。そして「あなたは私にとって愛する尊い人間である」と宣言して下さいます。
 神さまは、今生きている私たちを苦しめるために命をお与え下さっているのではありません。神さまは私たちを愛していて下さっています。そして私たちを生かすために、独り子であります御子イエス・キリストを人としてこの世にお送り下さいました。それは、私たちが死んでいた者であったのに、神と共に生きる者として下さるためです。私たち人間は、神さまの御前に立つ時、罪が明らかにされます。この世で成功し財産を持っている人も、国王や大統領として一国の上に立った人も、例外はありません。神さまの基準では、私たちの行い・言葉・心の中まで、全てが明らかにされます。そして、神さまの基準で、私たちは有罪が宣告され、死に処せられます。この私たちの罪を償うため、キリストは十字架にお架かり下さったのです。そしてキリストの十字架の死と復活を信じる者は、キリストの贖いにより、罪が赦され、神さまの子どもとして永遠の命が約束されたのです。キリストを信じる者は、キリストの再臨の時、復活の命が与えられ、永遠の祝福に満たして下さるのです。ここにこそ、人間の生きる希望があります。

Ⅲ.信仰によって生ずる祈り
 だからこそ聖書は、思い悩むなと語るのです。私たち人間は、神さまによって創造され、神さまによって命が与えられています。そして私たちの幸せは、神さまを信じ、神さまがお与え下さる恵みに生きることです。そして全てを支配しておられる神さまを受け入れ、神さまにすべてを委ねることです。ここから、真の祈りが生じてきます。自らの欲望を満たすためではなく、神さまが最も相応しい恵みと幸せを下さるようにとの祈りです。それは、周囲を見渡して自己嫌悪になるのではなく、周囲の人々をうらやむのではなく、神さまが今、命をお与え下さっていることに感謝して、神さまに委ねて祈ることです。そうであるならば、神さまは必要を満たして下さいます。また、苦しみを主は取り除いて下さいます。苦しみが続いたとしても、この苦しみをとおして真の神の子どもとして相応しい者へと訓練して下さることを受け入れることが出来るように導いて下さいます。だからこそ、苦しみに落胆するのではなく、希望に生きることが出来るのです。あなたが今生きているのは、神さまの喜びです。あなたは神さまに愛されています。
 だからこそ、私たちは周囲の人々をうらやむのではなく、自分に与えられた働きを全うすることが必要です。他人の責任にばかりして、自分の責任から逃れないことです。何もせずに手をあまねくのではなく、出来る事から行うのです。祈りつつ、行動することにより、道は開けてくるのです。家族に対して、友人や周囲の人たちに対して、社会に対して、果たす責任があるはずです。そうしたものが積み重ねが大切です。
 そして、私たちは自らの目線で、自己卑下するのではなく、神さまによって愛されている者として、神さまによって与えられる天国の祝福に生きる者として、今、神さまを信じ、神さまによる救いの希望に生きる時、希望に満ちた人生を歩むことができるのです。



                                              (2009.5.31)


COPYRIGHT(C) 2009 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る