【クリスマスの説教】  「イエス・キリストの系図」  辻 幸宏牧師



マタイによる福音書1章1〜17節

  1 アブラハムの子ダビデの子、イエス・キリストの系図。
  2 アブラハムはイサクをもうけ、イサクはヤコブを、ヤコブはユダとその兄弟たちを、3 ユダはタマルによってペレツとゼラを、ペレツはヘツロンを、ヘツロンはアラムを、4 アラムはアミナダブを、アミナダブはナフションを、ナフションはサルモンを、5 サルモンはラハブによってボアズを、ボアズはルツによってオベドを、オベドはエッサイを、6 エッサイはダビデ王をもうけた。
  ダビデはウリヤの妻によってソロモンをもうけ、7 ソロモンはレハブアムを、レハブアムはアビヤを、アビヤはアサを、8 アサはヨシャファトを、ヨシャファトはヨラムを、ヨラムはウジヤを、9 ウジヤはヨタムを、ヨタムはアハズを、アハズはヒゼキヤを、10 ヒゼキヤはマナセを、マナセはアモスを、アモスはヨシヤを、11 ヨシヤは、バビロンへ移住させられたころ、エコンヤとその兄弟たちをもうけた。
  12 バビロンへ移住させられた後、エコンヤはシャルティエルをもうけ、シャルティエルはゼルバベルを、13 ゼルバベルはアビウドを、アビウドはエリアキムを、エリアキムはアゾルを、14 アゾルはサドクを、サドクはアキムを、アキムはエリウドを、15 エリウドはエレアザルを、エレアザルはマタンを、マタンはヤコブを、16 ヤコブはマリアの夫ヨセフをもうけた。このマリアからメシアと呼ばれるイエスがお生まれになった。
  17 こうして、全部合わせると、アブラハムからダビデまで十四代、ダビデからバビロンへの移住まで十四代、バビロンへ移されてからキリストまでが十四代である。


序.
 クリスマスおめでとうございます。神の御子イエス・キリストは、約2000年前に人となられました。謙卑・遜りです。神の御子である方が人として遜られたのは、私たち罪人が、神の子として神の国、天国に導かれる恵みに入れてられるためでした。

T.アブラハム、ダビデの系図
 ここにイエス・キリストの系図が語られています。新約聖書を手に取った方が最初に読み、躓いてしまう箇所です。しかし私たちは、聖書を神の御言葉として読もうとする時、旧新約66巻全体で考えなければなりません。そうであれば、私たちを救うためにお生まれ下さったイエス・キリストというお方が、どの様なお方であるかということを、明らかにしなければなりません。そのことを、マタイによる福音書は、書き始めで語るのです。
 この系図で重要な人物は、アブラハムとダビデです。アブラハムは、信仰の父と呼ばれ、イスラエルの祖となります。またダビデはユダ族最初の王であり、ダビデの根としてメシアが誕生することが預言されます。つまり、イエス・キリストという救い主は、お生まれになって初めて「自分が神の子、メシアである」と語る偽預言者ではなかったのです。
 またアブラハムからダビデまで14代、ダビデからバビロン捕囚までが14代、バビロン捕囚からキリストまでが14代記されています。主のご計画の中にある、約束のメシアでありことを覚えなければなりません。なぜなら旧約聖書やルカ福音書3章の系図と照らし合わせてみると、すべての代の人々が記されているのではなく、途中に抜けている人もいるのです。クリスマスにお生まれになったイエス・キリストというお方が、アブラハムの子、ダビデ王の子であることが重要なのです。福音書記者である使徒マタイが、それぞれを14代にまとめたのは、旧約聖書によって約束されていたメシアが、主の完全なるご計画の下に、与えられたことを語ろうとしているのです。14×3は完全性を物語っております。

U.罪が混入している系図
 ここには女性の名も5名記されています。3タマル、5ラハブ、ルツ、6ウリヤの妻、16マリアです。しかしアブラハムの妻サラ、イサクの妻リベカなどは記されていません。タマルが記されユダの罪が浮き彫りにされます(創世38章)。またラハブは異邦人であり罪人(遊女)でした(ヨシュア2章)。しかし彼女はヨシュアの斥候を助けることにより、義とされたのです(ヤコブ2:25)。またマタイはウリヤの妻バト・シェバを記します。夫ウリヤの名を残すことにより、ダビデがウリヤを戦場に送り、殺し、彼女を略奪した罪が明らかにされます。つまりこの系図は、信仰の父アブラハム、ダビデ王の系図としての聖なる王家から、聖なる方がお生まれになったことを語っているのではありません。ここに記されている人々の罪は旧約聖書によって明らかにされているのです。従ってこの系図は、罪人の中にお生まれ下さったメシアを語っているといって良いでしょう。
 このことを顕著に語るのがバビロン捕囚の事実です。つまり、主によって選ばれた神の民イスラエルでしたが、彼らは主の御前に罪を犯し続け、ついには神の裁きとして、北イスラエルと南のユダに分裂し、さらに北イスラエルはアッシリアに滅ぼされ、南ユダもバビロンに征服され、捕囚の民となったのです。それでもなお主は、バビロン捕囚の民を救い出してくださり、エルサレムに帰還することをお許しくださったのです。
 つまり、約束のメシア、救い主イエス・キリストがお生まれになったことを語ろうとする時、旧約の時代から預言されていた救い主であること、さらには罪の中、本来ならば主による裁きに遭うべき者でありながらも、イエス・キリストの御降誕により、そして主の愛によって罪人が救われる者とされることを、お示し下さっているのです。

V.接ぎ木されるイスラエル
 アブラハムからヨセフまでは血で繋がっていますが、ヨセフは、厳密な意味では主イエスの父ではなく、養父に過ぎません。戸籍上で言えば、「養子」の関係です。私たちが神による救いを考える時、私たちは「神の子」とされるのです。これは神を父とする真の親子となるのではなく、養子:子とされることです。キリストを長子とする兄弟姉妹となるのです。つまり重要なことは、親子の関係、つまり、「アバ父よ」と呼べる関係にあるかということです。私たちは信じる時、私たちもイエス・キリストに繋がるもの、神の子として罪の赦しと救い、神の国における永遠の生命の祝福に入れられるのです。だからこそ、私たちは、御子イエス・キリストがお生まれになったクリスマスを、喜び祝すのです。クリスマスに与えられた真の救いに心から感謝して、クリスマスをお祝いいたしましょう。


                                              (2009.12.12)


COPYRIGHT(C) 2008 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る