【クリスマスの説教】  「神、我と共に在れ!」  辻 幸宏牧師



マタイによる福音書1章18〜25節

  18 イエス・キリストの誕生の次第は次のようであった。母マリアはヨセフと婚約していたが、二人が一緒になる前に、聖霊によって身ごもっていることが明らかになった。19 夫ヨセフは正しい人であったので、マリアのことを表ざたにするのを望まず、ひそかに縁を切ろうと決心した。20 このように考えていると、主の天使が夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。21 マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」22 このすべてのことが起こったのは、主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった。
  23 「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。
     その名はインマヌエルと呼ばれる。」 
この名は、「神は我々と共におられる」という意味である。24 ヨセフは眠りから覚めると、主の天使が命じたとおり、妻を迎え入れ、25 男の子が生まれるまでマリアと関係することはなかった。そして、その子をイエスと名付けた。





T.ヨセフ
 今日与えられた御言葉の主人公はイエス・キリストの母となるマリアの夫ヨセフです。マタイ福音書は最初に、ヨセフがアブラハム・ダビデの直系の子孫であることを明らかにします。家系はメシアが誕生するセレブの血筋です。しかしヨセフ自身は、ベツレヘムの出であり、質素な生活をしていたのです。そしてヨセフはマリアと婚約して、これから新しい生活を始めようと心弾ませている青年でした。
 しかしこのヨセフに、マリアが聖霊によって身籠もっているとの知らせが届きます(18)。マリアは先に聖霊のお告げがあり(ルカ26〜55)、ヨセフはこの知らせをマリアから聞いたのでしょう。ヨセフにとってはショッキングな知らせです。ヨセフは、まだ周囲の人々には知られていないうちに、穏便に問題を解決したいと考えます。なぜならヨセフは正しい人であり、神の救いを信じ、旧約聖書に定められた律法に従って生きていたからです(19)。彼はマリアが結婚前に身籠もってしまった件に関しても律法によって解決しようと考えます。婚約者である女を突き出せば、彼女は石打の刑で殺されます(申命22:22〜24)。律法の故に正しさを貫くのであれば、こうした解決方法もありました。
 しかしヨセフの正しさは、同時に愛が伴っていました。主の御前にある正しさとは、律法に従うと同時に、それに神に対して隣人に対しての愛が伴うのです。律法を守る時、愛が伴って、初めて真実の正しさが生じるのです(参照:金持ちの青年(マタイ19:16〜22)、最も重要な掟(同22:34〜40))。そしてヨセフは律法に従いつつ、マリアに対する愛の故に、もう一つの選択肢を選び、マリアと密かに縁を切り、マリアと別れることを決心をしたのです(申命24:1)。小さな家庭を築き、幸せを手に入れかけた時に訪れた災いに対しても、ヨセフは小細工をすることなく、また律法に厳格にマリアを裁くことなく、愛を持って、マリアもまた生きることが出来る道を備えようとしたのです。

U.ヨセフの子とされるイエス・キリスト
 しかし主なる神さまは、ヨセフを一人に突き放すようなことはされず、主の天使がヨセフの夢に現れて語ります(20〜21)。ヨセフにとって処女降誕は、マリアから前もって語られていたとしても信じることが出来ないことでした。マリア一人の証言であれば受け入れられない出来事も、二人目の証人として主は主の使いをよこしたのです(申命19:15)。マリアの証言と現実、そしてここで語られた天使の声を聞いて、ヨセフは信じたのです。処女降誕はマリアに示された超自然的な奇跡です。自然科学の学説をうんちくをもって語ったとしても受け入れられるものではありません。私たちはこの事実を、信仰によらなければ受け入れることは出来ないのです。私たちは、私たちを救い、甦りと永遠の生命をお与え下さる方を、神として受け入れ信じているのです。同じように神さまは、私たちの常識を越えて働く主なる神さまの御業として、処女降誕も受け入れるように求めるのです。
 ではなぜヨセフだったのでしょうか。ヨセフ自身、ユダヤ人であり、アブラハム、ダビデの子としてメシアの系図であることを知っていました。この事実を、福音書は最初に確認しました(1〜17)。このことが重要であったのです。メシアである救い主イエス・キリストは、アブラハムの子、ダビデの子としてお生まれになることが預言され、それが成就する必要があったからです。しかしヨセフは、このことが自分とどのように関係するのか理解していませんでした。しかしこの約束が、ヨセフをとおして与えられることが語られ、ヨセフはメシアの父としての称号が与えられたのです。もちろん、ヨセフはイエス・キリストの母マリアの夫であり、直接的なイエスの父ではありません。しかし、主はヨセフに、イエスの養父としての特権をお与え下さったのです。
 キリストがヨセフの養子となり、アブラハムの子、ダビデの子となられたことは、私たちの救いにも繋がります。主はアブラハムの子イスラエルに対して、救いをお与え下さいます。しかし肉においてイスラエルに繋がらなければならないのではなく、接ぎ木、養子の関係であってもイスラエルに繋がることにより、神の民イスラエルに接ぎ木され、救いが与えられるのです。民族的にイスラエルとは全く繋がりのない日本人である私たちですが、イエス・キリストを私たちの救い主と信じ、イエス・キリストの十字架の死と復活により私たちの罪が赦され、私たちも復活し永遠の生命に生きることを信じる時、私たちは霊的にイスラエルに接ぎ木され、イエス・キリストを長兄とする神の子とされるのです。

V.神、我々と共に在れ!
 聖霊はヨセフに、生まれてくる子をイエスと名付けるよう命じます。「キリスト」とは「メシア・救い主」としての称号であり、「イエス」が「主は救い」と訳される名です。
 しかし天使は、幼子がイエス・キリストと呼ばれることとは別に、インマヌエル「神は我々と共におられる」であると語ります(参照:イザヤ7:14)。
 ヨセフは、婚約者であるマリアを失い一人となるものと思い、孤独の歩みを始めようとしている時に、「マリアが一緒にいる。救い主が常に一緒にいるのだ。あなたは一人ではない」とお語り下さいます。ヨセフは正しい者として、神さまを信じ、神の御言葉、律法に忠実に生きようとしていました。正しく生きる者に、主なる神さまは常に共にいて下さいます。このことを受け入れるからこそ、私たちはいつでも神さまに祈ることが出来るのです。自分ですべてを背負い込み、苦しむことはないのです。御言葉による解決を探りつつ、最後は主なる神さまに祈りつつ、すべてを委ねることが大切なのです。
 そして、この救い主イエス・キリストは、十字架の死と復活を遂げ、天に上られるに際して、福音書の最後で、弟子たちにこの様にお語りになります。28:20「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」。現在、天におられる御子イエス・キリストは、聖霊をとおして、常に私たちと共にいて下さいます。だからこそ、私たちは祈り、救いを求めることが出来るのです。そして主が私たちと共にいて下さるからこそ、キリストの十字架による罪の赦しと永遠の生命に繋がるのです。ヨセフに与えられた救いの恵みは、今、主の御前に集められた私たちにも与えられています。



                                              (2009.12.20)


COPYRIGHT(C) 2008 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る