【クリスマスの説教】  「クリスマスをお祝いする者」  辻 幸宏牧師



マタイによる福音書2章1〜12節

  1 イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、2 言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」3 これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。4 王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。5 彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。
6 『ユダの地、ベツレヘムよ、
  お前はユダの指導者たちの中で
  決していちばん小さいものではない。
  お前から指導者が現れ、
  わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」  7 そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。8 そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。9 彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。10 学者たちはその星を見て喜びにあふれた。11 家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。12 ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。


T.救い主の誕生に駆けつけた人々
 御子イエス・キリストの誕生の知らせを聞き、お生まれになった主イエスの所に駆けつけたのは、羊飼いたち(ルカ2章)、東方の博士たち(マタイ2章)、そしてエルサレムの神殿において知らせを受けたシメオンとアンナです(ルカ2章)。主イエスの母となったマリアと夫ヨセフを含め、彼らはいずれも、ユダヤ人の中にあって政治的・宗教的に指導的な立場にあった人々ではありません。むしろ貧しい生活、蔑まされた生活をしていた人々であり、また救いの外に置かれた異邦人・異教徒でありました。

U.東方の博士たち
 東方の博士たちは、ペルシャかアラビアもしくはバビロンの学者であったとされます。占星術師は魔術師でもあり、同時に祭司職を司っていたようです。神の民イスラエルからすれば、彼らは異邦人であり偶像崇拝者でした。そうした彼らに、主は御霊(星)の導きにより御子の御降誕に向かわせます。救いとは主からの一方的な不思議な出会いになのです。
 彼らは豪華な贈り物を携え、1000kmにも及ぶ道のりをらくだに乗って、エルサレムに向かいます。往復を考えれば数ヶ月を要する大旅行であり、費用も莫大です。また、旅路の安全が守られる保証はありません。思いつきではなく、人生をかけた旅行です。つまり彼らにとってメシアに出会うことは、何にも代え難い喜びがあったのです。
 今年、プロテスタント教会の日本宣教開始から150周年の記念の年を迎えました。1859年、明治維新が訪れるまで9年を待たなければならないこの年、アメリカの開国要求に対して、江戸幕府はキリシタン禁令化の中、日米修好条約調印と共に日本在留外国人に対しキリスト教を解禁します。そして各国の宣教師が来日したのです。そしてこの年に来日した宣教師の中に、ヘボンという医療宣教師がいました。ヘボン式ローマ字で有名なヘボンです。彼はニューヨークにおいて成功していた医者です。その彼が日本に渡るのです。来日してからも、生麦事件など宣教師に対する殺害・事件なども多発します。偏見も大きいです。しかしヘボンは医療活動を行い、その後33年間の日本における生活の中、和英辞典編纂、日本語聖書翻訳、そして信仰告白・小教理問答の翻訳と日本人に大きな大きなプレゼントを下さったのです。そして和英辞典編纂過程においてローマ字表記を確定し、ヘボン式ローマ字となっていくのです。

V.福音に生きる
 ヘボンと代表とする宣教師然り、東方の占星術の学者然り、彼らはなぜ人生をかけて、死の危険を覚悟しつつ、異教文化の中へ旅立つことが出来たのか。ロマン・熱情によって、出来ることではありません。それは、イエス・キリストによる救いの確かさが示され、信じたからです。クリスマスにお生まれ下さったイエス・キリストにより救いが与えられ、生きる喜びが与えられるのです。
 博士たちにとっては、イエス・キリストを救い主と受け入れることは、自分たちが今まで行ってきた星占いを自ら否定しなければならないことです。しかし、イエス・キリストによらなければ救いはなく、占いを含むすべての偶像に、力がないことが示されたのです。
 また真の救い主イエス・キリストが示された時、ここに危険が伴っていたとしても、立ち止まることはありません。救い主は常に私たちと共にいて下さいます。救い主が良しとして下さるのであれば、行く道はすべて守られます。たとえ迫害と死が待ち受けているとしても、主は神の御国の祝福に満たして下さり、地上にあってもキリストが証しされます。だからこそ東方の博士たちは、エルサレムに行き、ヘロデ王と出会うことを恐れません。そして彼らは「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか」と尋ねるのです。これは明らかにヘロデ王と対立し、ヘロデ王を否定する事です。事実、霊的な統治者と政治的・世的な統治者の違いを知っていたとしても、ヘロデ王は受け入れることが出来ず、東方の博士たちは別の道を通って帰らなければならなくなります。
 そのような状況が予想できつつも、博士たちがなおもエルサレムからベツレヘムへと向かうのは、お生まれになった幼子こそが救い主だからです。この幼子により、罪の赦しと救い、永遠の生命が約束されるのです。救い主に出会うことにより、今まで熱心に求めてきた財力・権力などは無価値となるのです。そうなると、必然と生き方は代わるのです。今まで価値あるものとして用いてきたものに頼らなくなり、そして唯一価値あるものであるイエス・キリストに従うのです。キリストを中心とする生活へと変えられるのです。
 東方の博士たちをエルサレムへ、そしてベツレヘムへと掻き立てた熱情は、まさにキリストによって生きる希望・喜びが与えられたからです。今、私たちに幼子として与えられたイエス・キリストこそが、救い主であることが示されているのです。この救い主は、今も私たちと共にいて下さいます。そして主は私たちに命を与え、私たちに救いの喜びに満たして下さっています。そうであれば、私たちは、主によって生きるために、主がお集め下さる時、つまり日曜日に、主を礼拝する者へと変えられるのです。
 だからこそ、私たちがクリスマスをお祝いする時、私たちは必然的に、御子イエス・キリストによる救いを信じ、主がお語り下さる御言葉に熱心になり、主の招かれる礼拝を中心とした生活へと変えられるのです。


                                              (2009.12.23)


COPYRIGHT(C) 2008 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る