【クリスマスの説教】  「領主ヘロデの罪と恐れ」  辻 幸宏牧師



マタイによる福音書2章13〜23節


  13 占星術の学者たちが帰って行くと、主の天使が夢でヨセフに現れて言った。「起きて、子供とその母親を連れて、エジプトに逃げ、わたしが告げるまで、そこにとどまっていなさい。ヘロデが、この子を探し出して殺そうとしている。」14 ヨセフは起きて、夜のうちに幼子とその母を連れてエジプトへ去り、15 ヘロデが死ぬまでそこにいた。それは、「わたしは、エジプトからわたしの子を呼び出した」と、主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった。
  16 さて、ヘロデは占星術の学者たちにだまされたと知って、大いに怒った。そして、人を送り、学者たちに確かめておいた時期に基づいて、ベツレヘムとその周辺一帯にいた二歳以下の男の子を、一人残らず殺させた。17 こうして、預言者エレミヤを通して言われていたことが実現した。
18 「ラマで声が聞こえた。
  激しく嘆き悲しむ声だ。
  ラケルは子供たちのことで泣き、
  慰めてもらおうともしない、
  子供たちがもういないから。」
  19 ヘロデが死ぬと、主の天使がエジプトにいるヨセフに夢で現れて、20 言った。「起きて、子供とその母親を連れ、イスラエルの地に行きなさい。この子の命をねらっていた者どもは、死んでしまった。」21 そこで、ヨセフは起きて、幼子とその母を連れて、イスラエルの地へ帰って来た。22 しかし、アルケラオが父ヘロデの跡を継いでユダヤを支配していると聞き、そこに行くことを恐れた。ところが、夢でお告げがあったので、ガリラヤ地方に引きこもり、23 ナザレという町に行って住んだ。「彼はナザレの人と呼ばれる」と、預言者たちを通して言われていたことが実現するためであった。



序.
 クリスマスを迎えると多くの人々がロマンを求め、イルミネーションに包まれた平和な時が与えられたと思います。イエス・キリストは、私たちを救い、世界に平和をもたらすために人としてお生まれ下さいました。

1.世に満ちる闇
 しかし私たちは、クリスマスの背後にある社会の現実を忘れてはなりません。御子の御降誕をお祝いしたのはほんの一部の人々であり、ユダヤ人の王として御子がお生まれになったことを知ったユダヤの王ヘロデは激怒し、幼子の暗殺を企てます。クリスマスの影に血なまぐささがあるのです。
 当時ユダヤを治めていたのはヘロデ大王です。BC40年にローマの元老院によってユダヤの王に任じられてから、BC4年に死去するまでその地位にありました。彼はパレスチナに平和と秩序をもたらし、エルサレム神殿も再建に着手しました。しかしその一方、ヘロデは他人を信用することが出来ず、自分の王位を脅かす存在であれば、それが誰であっても殺していったのです。最初に最高議会の議員たち、次いで議会関係者300人、さらには最愛の妻マリアンヌ、姑、息子たちも次々に殺していきます。そのため、ヘロデがベツレヘムとその周辺にいる2歳以下の男の子を皆殺しにしたとしても、人々は驚くことはありません。たかだか20〜30人程度のことです。
 しかし私たちは数字に騙されれはなりません。一人殺すとニュースになり、大きな罪を背負います。しかし戦争になり、何千、何万人が殺されていく中、20〜30人はわずかだと思っていますのです。神経の麻痺です。独裁者が国を支配し、取り巻きの人々が忠告を行うことが出来なくなれば、罪が顕著に表れ、虐待が始まります。聖書にあって語られている虐殺は、出エジプト記にあります。ファラオの命令により、イスラエルの男の子が皆殺しにされていきます。奴隷と化していたイスラエルの人々が非常に多くなり、エジプトの国が支配され、ファラオも自らの王位失脚を恐れたからです。
 第二次世界大戦時に目を移せば、ドイツにおいてはヒトラーが何十万人というユダヤ人を虐殺しました。日本でも、中国における731部隊による中国人の虐殺がありました。また「天皇陛下のために」死に行くことが賞賛され、戦争で死ぬことを美化するために靖国神社が用いられました。特効があり、沖縄戦においては集団自決・虐殺も行われます。
 私たちは、クリスマスをお祝いするにあたり、こうした独裁者によって行われた罪を直視し、人間の中(私たち自身の中)にある罪の大きさを忘れてはならないのです。

2.主の加護と導き
 一方ヘロデ王の暴挙に対して、主は御子の命を守られるためにヨセフとマリアと幼子をエジプトへ去らせます。私たちはこの記事を読む時、旧約の時代、エジプトの奴隷であったイスラエルに対して、主が救い出すために指導者モーセをお立て下さったことを思い出すことが出来ます。ヤコブの時代、イスラエルの民は、饑饉のためカナンを離れ、エジプトに身を寄せていました。それから400年という年月を経て、エジプトにあってイスラエルの民は奴隷となっていましたが、主はイスラエルの嘆きとアブラハムに対して約束されたこと(創世記13:13-14)を忘れることなく、イスラエルを救い出すためにモーセをお立てになります。しかしモーセの出生の時代、エジプト王ファラオは、イスラエルの民が非常に多くなったため、自らの王位が危ういことを感じ、イスラエルの初子をすべて殺すように助産婦に命じます。壮年男子だけで60万人を数えたイスラエルの民です。この時のイスラエルの嘆きは、主イエスの御降誕の時にベツレヘムを襲った虐殺による嘆きと比べることの出来ない大きな嘆きであります。しかしその中から、主はモーセの命を守り、ファラオの王女の手によってモーセが守られ、育てられていくのです。
 このモーセがエジプトにおいて助け出されたこと、また主イエスがベツレヘムからエジプトに逃れることにより助け出されたことを、私たちは桃太郎の物語を読んでいるように、すべてを知った上で読みます。しかし私たちは、生まれたばかりのモーセを守ろうと必死になっていた母や姉の姿、主の御声に聞き従い、主の天使が命じるままに、即ベツレヘムから脱出し、エジプトへ向かうヨセフとマリアの立場に立たなければなりません。ヨセフとマリアは、ヘロデ王が死に、エジプトからイスラエルの地に帰ることが促されますが、なおもエルサレムやベツレヘムではなく、ガリラヤの片田舎ナザレに導かれます。ヘロデ王の跡を継いだアルケラオが、ヘロデ同様に自らの権力を奪う恐れがある有力者を3000人殺していくからです。そうした悪政から、主はヨセフとマリアを逃れさせられたのです。
 主は、苦しみ、先の見えない不安の中にいる者と共にいて下さいます。そして、主は、モーセをそして主イエスを救い出すために、すべての計画を予定しておられ、それを実行して下さいます。悪政に対して、私たちは声一つ出せないかも知れません。しかし、主は、針の穴をとおすように、逃げる道を備えて下さり守り支えて下さるのです。時として使徒やパウロが戦ったように、信仰の闘いが強いられる時もあります。しかしいずれにしても、私たちは、自分たちの思いで判断をくだし行動するのではなく、どの様な時にも主イエス・キリストをこの世にお送り下さり、幼子をお守り下さった主なる神さまが共にいて下さることを信じることです。そして、主なる神さまにすべてを委ねて祈ることです。その時、主は、私たちが生きていく上で、必要な道を備えて下さるのです。だからこそ、私たちはどの様な状況に置かれたとしても、主なる神さまを信じ、主なる神さまに祈り求めつつ、すべてを委ねることが求められているのです。


                                              (2009.12.25)


COPYRIGHT(C) 2008 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る