トップ > 説教要約 > 2010年受難週説教


【受難節の説教】  「なぜ、お見捨てになったのですか」  辻 幸宏牧師


  マルコによる福音書15章33〜41節

  33 昼の十二時になると、全地は暗くなり、それが三時まで続いた。34 三時にイエスは大声で叫ばれた。「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ。」これは、「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。35 そばに居合わせた人々のうちには、これを聞いて、「そら、エリヤを呼んでいる」と言う者がいた。36 ある者が走り寄り、海綿に酸いぶどう酒を含ませて葦の棒に付け、「待て、エリヤが彼を降ろしに来るかどうか、見ていよう」と言いながら、イエスに飲ませようとした。37 しかし、イエスは大声を出して息を引き取られた。:38 すると、神殿の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂けた。39 百人隊長がイエスの方を向いて、そばに立っていた。そして、イエスがこのように息を引き取られたのを見て、「本当に、この人は神の子だった」と言った。40 また、婦人たちも遠くから見守っていた。その中には、マグダラのマリア、小ヤコブとヨセの母マリア、そしてサロメがいた。41 この婦人たちは、イエスがガリラヤにおられたとき、イエスに従って来て世話をしていた人々である。なおそのほかにも、イエスと共にエルサレムへ上って来た婦人たちが大勢いた。



 主イエスが十字架に架けられた記事は四福音書に記されていますが、そこには主イエスが十字架上で語られた7つの言葉が書き残されています。主イエスが午前9時に十字架に架けられてから午後3時に死を遂げられるまでの間の苦しみを、四つの福音書を読み比べ、そしてこれら7つの言葉を心に留めることは、非常に重要なことであります。
 ・「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」(ルカ23:34)
 ・「はきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」(ルカ23:43)
 ・「婦人よ、御覧なさい。あなたの子です」。「見なさい。あなたの母です」(ヨハネ19:26)
 ・「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ」 「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」(マタイ27:46、マルコ14:34)
 ・「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます」(ルカ23:46)
 ・「渇く」(ヨハネ19:28)
 ・「成し遂げられた」(ヨハネ19:30)

 今日は特に「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ」=「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」を取り上げます。主イエスがゲツセマネにおいて祈られた祈り「アッバ、父よ、あなたは何でもおできになります。この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように」(マルコ14:36)と並べて読むと、考え深くなります。しかしこの主イエスの言葉は、御自身の思いをただ語られたのではなく、その背後には詩編22:2での御言葉があります。ですから私たちはこの詩編22:2〜22を読むことにより、主イエスがこの言葉を語られた思いをより知ることが出来るのです。
 ここで詩編の作者はまず神に捨てられたことの苦しみを訴えます(22:2〜3)。しかし詩編の作者は同時に、苦しみの中にあっても主に依り頼み、救い出されてきたことを告白いたします(5〜6)。次に人々に捨てられ、人間として扱われることなく、嘲笑われることが記されます(7〜9)。しかし同時に主が母の胎から取り出して下さったことの祝福を賛美します(10〜12)。そして13〜19節においては、墓に捨てられ、獣の餌食となる果てが語られます。詩編の作者はそうした状況の中にあって苦しみの中、神に捨てられたことを感情的に怒ることなく、主なる神さまに対して助けを祈り求めていきます。
 主イエスの叫びはまさにこの詩編22:20〜22の祈りへと繋がる言葉であります。つまり、主イエスは父なる神さまに捨てられることを恨みつつ語っているのではなく、なおも主による救い、つまり復活の命と栄光が与えられる希望をもちつつ、この言葉を語っておられるのです。

 では、父なる神さまは、御子イエス・キリストを見捨てられたのでしょうか? ある意味、見捨てられたのです。しかしただ見捨てられたのではありません。そこには大きな目的があったのです。主なる神さまを信じる全ての者を救うという目的のためです。もう一つの重要な御言葉であるイザヤ書53章を見ましょう。「わたしたち」=「あなた自身」を救われる「彼」=「キリスト」の姿が記されています。キリストが十字架に架かり、命を取られたが故に、私たちに平和が与えられ(5)、私たちはいやされたのです(5)。そして子孫が末永く続くのを見るものとされ(10)、多くの人が正しい者とされたのです(11)。特に53:4〜6の御言葉に、じっくりと耳を傾けて頂きたいものです。

 御子イエス・キリストの十字架を覚えつつ、受難節・復活節を歩みましょう。

                                               (2010.3.31)


COPYRIGHT(C) 2010 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る