トップ > 説教要約 > 2010年復活節説教


【受難節の説教】  「ペトロの過ち」  辻 幸宏牧師


  マルコによる福音書16章1〜8節

  1 安息日が終わると、マグダラのマリア、ヤコブの母マリア、サロメは、イエスに油を塗りに行くために香料を買った。2 そして、週の初めの日の朝ごく早く、日が出るとすぐ墓に行った。3 彼女たちは、「だれが墓の入り口からあの石を転がしてくれるでしょうか」と話し合っていた。4 ところが、目を上げて見ると、石は既にわきへ転がしてあった。石は非常に大きかったのである。5 墓の中に入ると、白い長い衣を着た若者が右手に座っているのが見えたので、婦人たちはひどく驚いた。6 若者は言った。「驚くことはない。あなたがたは十字架につけられたナザレのイエスを捜しているが、あの方は復活なさって、ここにはおられない。御覧なさい。お納めした場所である。7 さあ、行って、弟子たちとペトロに告げなさい。『あの方は、あなたがたより先にガリラヤへ行かれる。かねて言われたとおり、そこでお目にかかれる』と。」8 婦人たちは墓を出て逃げ去った。震え上がり、正気を失っていた。そして、だれにも何も言わなかった。恐ろしかったからである。




T.主イエスと共にいた人たち
 主イエスが人としてお生まれになられた時もそうでありましたが、主イエス・キリストが死から復活して下さった時も、この事実を感謝して受け入れる者はいませんでした。
 主イエスの一番弟子であるペトロをはじめ、主イエスの弟子たちは、主イエスが逮捕された時点で、姿を消したのです。
 それでも、主イエスが十字架に架けられ死を遂げられたことを見届け、主イエス・キリストの十字架の死の証言者とされた人たちがいました(40〜41)。婦人たちであります。
 私たちは、主イエスと共に宣教旅行に出ていたのは、12弟子だけだと思っています。しかし福音書には全く出てきませんが、婦人たちや他の弟子たちもいたのです(参照:ルカ8:1〜3、10:1)。つまり、12使徒を中心とした主イエスの宣教活動に積極的に関わっていく人たちがいれば、通常は人前に出ることはなく、主による救いに感謝と喜びをもって、主に仕える人たちもいたのです。これがキリストが形成するよう求めている教会の姿です。

U.主イエスを葬りに来た婦人たち
 主イエスの十字架を見届けたのは婦人たちでした。そして、主イエスが十字架に死に、葬られる状況を見届け、安息日が終わって、主イエスを葬りに来たのは、マグダラのマリア、ヤコブの母マリア、サロメでした。
 マグダラのマリア、七つの悪霊を追い出していただいた女です(8:2、16:9参照)。悪霊とは、神に逆らう霊であり、滅びに導きます。ですからマグダラのマリアは、人々からも神からも見捨てられ滅ぼされる者でした。しかし主イエスは、彼女から七つの悪霊を追い出し、彼女は人として生き、神による永遠の生命に入れられる者となったのです。だからこそ、彼女は主イエスと出会うことにより、本当の喜びに満ちて、歩んできたのではないでしょうか。そして主イエスが十字架に架けられることが決定しても、自分を救って下さったお方として、丁重に葬りたいとの願いが強かったのです。つまり、弟子たちは権力者に怖じ気づきましたが、彼女にとって権力は関係なかったのです。救い主イエス・キリストとの交わりを第一としていた姿が、ここに表れています。
 ヤコブの母は、「小ヤコブとヨセの母マリア」(15:40)であり、主イエスの12弟子、ヤコブとヨセフの母でありました。サロメはここにしか名前が出てこない女性です。ただ、並行記事であるマタイ27:56には「ゼベダイの子らの母」とあり、ゼベダイの子ヤコブとヨハネの母であったとされています。
 いずれにしても、ここに出て来る女性たちは、主イエスが宣教活動を行っている間は、名前が出てこず、ただひたすら主イエスと弟子たちに仕え、宣教活動を支えていたのです。
 しかし主なる神さまは、彼女たちもまた、キリストの教会に属する者として重要であることを語ります。彼女たちこそが、キリストの復活の第一証人となるからです。

V.復活の主イエスに出会う
 さて、主イエスを葬りに来たこの3人の婦人たちは、「だれが墓の入り口からあの石を転がしてくれるでしょうか」と話し合っていました。彼女たちは、十字架の上に死を遂げられた主イエスを丁重に葬りたいとの思いはありますが、イエスさまはもう亡くなられ、過去の人となっていました。この点では、ペトロや逃げ出してしまった他の弟子たちと変わりありません。人間は肉体の死を迎えればそれで終わりであると思っていたのです。
 彼女たちは最初、主イエスの墓にある大きな石がわきへ転がしてあったのを見て、ひどく驚きます。この驚きは、主イエスの遺体はどうなったのかという驚きです。しかし、墓の中にいた若者に、「・・ナザレのイエス・・は復活なさって・・」と語られることにより、震え上がり、正気を失い、恐れるのです。
 「人が甦る」ことは、人間は知的に考えれば受け入れられません。人は滅びのうちに生まれ、滅びに定められて死んでいくからです。しかし、彼女たちはキリストが甦ったことを聞いて、それが真実であることが分かったのです。神の御業の偉大さが示されたのです。だからこそ、彼女たちは、ただただ体全体が震え上がり、正気を失い、恐れたのです。つまり信じることが出来ないことが、キリストによってもたらされたからです。そして彼女たちは恐れつつも、事実を弟子たちに伝えに行きます(マタイ28:8)。
 マルコによる福音書は、「神の子イエス・キリストの福音の初め」(1:1)で始まり、「婦人たちは墓を出て逃げ去った。震え上がり、正気を失っていた。そして、だれにも何も言わなかった。恐ろしかったからである」(16:8)で終わります。つまり福音とは、キリストが十字架の死から三日目の朝に復活して下さったという、信じることの出来ないことが衝撃をもって行われ、示された震え上がりと恐れがあって、初めて生じるのです。
 そしてこの衝撃の復活は、主イエス・キリストによってもたらされたのですが、この衝撃を受け入れる婦人たち、弟子たち、この御言葉を聞く私たちにも、もたらされています。
                                               (2010.4.4)


COPYRIGHT(C) 2010 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る