【クリスマスの説教】  「救い主を喜ぶ」  辻 幸宏牧師



ルカによる福音書1章46〜55節

  46 そこで、マリアは言った。
47 「わたしの魂は主をあがめ、
   わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。
 48 身分の低い、この主のはしためにも
   目を留めてくださったからです。
   今から後、いつの世の人も
   わたしを幸いな者と言うでしょう、
 49 力ある方が、
   わたしに偉大なことをなさいましたから。
   その御名は尊く、
 50 その憐れみは代々に限りなく、
   主を畏れる者に及びます。
 51 主はその腕で力を振るい、
   思い上がる者を打ち散らし、
 52 権力ある者をその座から引き降ろし、
   身分の低い者を高く上げ、
 53 飢えた人を良い物で満たし、
   富める者を空腹のまま追い返されます。
 54 その僕イスラエルを受け入れて、
   憐れみをお忘れになりません、
 55 わたしたちの先祖におっしゃったとおり、
   アブラハムとその子孫に対してとこしえに。」

序.
 今日、私たちは、御子イエス・キリストの御降誕を覚え、感謝と喜びをもって、主の御前に集められ、主に礼拝を献げています。特に今年は、F姉の洗礼式を執り行うことが許さ、Fさん本人にとっても、教会にとっても大きな喜びです。しかし同時にFさんにとって驚きあったことかと思います。昨年のクリスマスにはクリスチャンになることなど思いもよらなかったことが、今、起こったのです。ここに聖霊をとおして働かれる主なる神さまが生きて働いておられることを、私たちは共に覚えることが出来るのです。

T.マリアの信仰
 今日私たちに与えられた御言葉には、主なる神さまの一方的な働きによって主イエスの母とされるマリアのことが記されています。救い主メシアの母となることを突然天使から語られ、神のご計画の中、神の恵みの中に入れられていることが示されたのです。ハンナの祈り(サムエル記上2章)や詩編34編に通じるものがあります。
 しかしマリアは喜びに満たされるより、何が起こったのか分からない戸惑いと大きな重荷を背負わされた思いがあったのではないかと思います。主なる神さまは、マリアに聖霊を通して男の子を宿し、救い主を赤ちゃんとして生まれることを示されました。このことだけでもマリアにとっては衝撃的なことです。しかし同時に、彼女は乗り越えなければならない多くの問題を抱え込んだのです。姦淫の罪は、石打の刑に処せられます。社会的に受け入れられないことであり、夫となるヨセフに受け入れられる保証すらありません。
 しかし主はマリアに重荷と共にそれを乗り越える手段を同時に準備して下さいました。主は常に一緒にいて下さり、生まれてくる御子と共にマリアを守ってくださるのであり、またそのことを信じる信仰もマリアは与えられました。主はヨセフに対しても働きかけて下さり(マタイ1:18-25)、マリアを受け入れる環境を整えて下さいました。ヘロデ大王に幼子の命が狙われた時にも、エジプトへと逃れる道を備えてくださったのです(マタイ2:13-23)。
 マリアは「わたしの魂」、「わたしの霊」(46)と語ります。主が天地創造の時、人に対してその鼻に命の息を吹き入れられ(創世記2:7)人が生きるものとなったことを彷彿させます。この時、マリアは神との交わりに生きる本来の人間性を取り戻したのです。そのためマリアは、救い主の母になることの特権意識を持ち、人間的に誇ることはありません。主なる神さまの御前に命が与えられ、主の僕(奴隷)であることをしっかりわきまえ、主に誉め歌を歌います。私たちは「私が神さまを信じて救われた」と自分で救いを勝ち取ったように思うと、過ちを犯してしまい、主の御前に遜ることはできなくなります。私たちは主の大いなる救いの御業に招き入れられたのです。だからこそ私たちは、主の御前に自らの姿を顧み、遜り、謙遜を持って、主の僕(奴隷)として、御言葉に聞き従っていくことが求められているのです。

U.マリアの讃美
 御子によってもたらされる救いは、代々限りなく続きます。神の救いのご計画はアダムとエバに始まり、神の国の完成に至るまでのすべての時代において主がお選び下さった主の民にもたらされるのです。つまりマリアに起こったこと、御子がお生まれになったことは、現在に生きる私たちにとっても無関係なことではなく、マリアが主から一方的な恵みの中に入れられたのと同じように、主は聖霊をとおして今働き、私たちをキリストによる救いに招き入れてくださっているのです。
 続けてマリアは語ります(51〜53)。私たちが神さまを信じるようになれば、即、生活が良くなり、何事でも順調に行くようになるというようなものではありません。また信じることを拒否したり疑ったりすれば、即、主からの裁きや懲らしめがあるのでもありません。信仰とは因果応報ではないのです。しかし主なる神さまは、常に私たちと共にいて下さいます。そのため、主は私たちに何でも祈り求めることをお許し下さっています。そして、どのような状況の中にも主の御働きがあります。しかし同時に主は、私たちからすべての苦しみを取り除くことはなさいません。私たちは、主がなぜ苦しみを与えておられるか、私たちは主の御前に立ち、御言葉に聞きつつ、確認しなければなりません。罪・傲慢さを悔い改め、弱さを受け入れ、主に信頼することが求められているのです。それと共に主は、主を信じる私たちを全面的に守ってくださり、私たちに乗り越えられないような苦難を取り除けてくださいます(Tコリ10:13)。そしてキリストの十字架により私たちの罪を赦し、神の民としての最大の喜びである天国における永遠の生命へと私たちを導いて下さいます。そして、主の御前に傲慢になり、権力を誇り、自らの誇る者に対しては、主の裁きがもたらされるのです。
 マリアが本来の人間性を取り戻し、魂・霊において主を讃美し、主を誉め称えたように、主なる神さまを信じる者もまた、主への信仰を告白するものへと変えられていくのです。


                                              (2010.12.19)


COPYRIGHT(C) 2010 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る