【クリスマスの説教】  「羊飼いの喜び」  辻 幸宏牧師



ルカによる福音書2章8〜20節

  8 その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。9 すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。10 天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。11 今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。12 あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」13 すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。
  14 「いと高きところには栄光、神にあれ、
     地には平和、御心に適う人にあれ。」
  15 天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。16 そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。17 その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。18 聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。19 しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。20 羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。



序.
 クリスマスおめでとうございます。今、私たちは、暗闇の中、ろうそくの光に頼って神さまを礼拝しています。このろうそくの光のように、罪に満ちた闇夜を照らす光として、私たちを救うために、主イエス・キリストは人としてお生まれ下さいました。

T.羊飼い
 しかし救い主、王の王である主イエスは、宮殿で多くの国民の喜びをもってお生まれになったのではなく、家畜小屋にて飼い葉桶に寝かされることにより人となられました。
 そして主が御子の御降誕の証言者として立てられたのは、東方の博士たちと羊飼いたち、老人シメオン、女預言者アンナたちだけです。主が彼らを選ばれ御子の御降誕の証言者としたのか非常に興味深いことです。羊飼いは旧約のイスラエルの民と密接な関係がありました。アダムとエバの息子アベルは羊飼いであり、主はアベルの献げ物を祝福して下さいました。そのことをきっかけに兄カインが弟アベルを殺害しました。アブラハムたち族長たち、そしてダビデ王も羊飼いでした。ですから、旧約聖書では主とイスラエルの関係を、羊飼いと羊の関係に譬えることが行われていたのです(詩編23編)。
 しかしエルサレムに神殿が建てられ、神礼拝の中心が幕屋から神殿に代わると、人々は羊飼いとして遊牧生活を行うことから、神殿のあるエルサレムに定住するようになっていきます。生活の変化が生じました。現在でも同様ですが、生活が変化すると、それに適応できない人々・昔ながらの仕事を行っている人々が蔑まれる傾向があります。新しい生活スタイルを持たなければ人間的価値が劣っているのか?否です。しかし人々は表面的なことで判断するのです。この頃の羊飼いたちは、エルサレムに住むユダヤ人たちから蔑まされ、イスラエルとしての神の民から除外されつつ、貧しい遊牧生活を続けていたのです。

U.羊飼いに与えられる喜び
 御子の御降誕の知らせは、こうして蔑まされていた羊飼いたちの所に最初にもたらされました。このことは、大牧者である主なる神さまがどのような人たちを救いに導いて下さろうとしているのかを明らかにしているのです。「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である」(マタイ9:12)と主イエスはお語りになります。つまり、主なる神さまが、主イエス・キリストによって救いをもたらして下さるのは、人々からは除外され、罪深く、弱い者とされていた人々です。羊という動物は、臆病であり、羊飼いによって守らなければ、彷徨い、獣に命が狙われるのです。主は、こうした弱さを担っていた羊飼いたちを捕らえ、御子の御降誕の第一証言者として立てて下さるのです。
 主の天使たちが羊飼いたちに近づいた時、彼らは非常に恐れます。彼らは喜ばしい知らせを受けるにあたって恐怖を感じたのです。恐れがなければ、本当の喜びを知ることが出来ないからです。私たちは今、ろうそくの灯りを頼りに神さまを礼拝していますが、本当の意味での闇を知っているでしょうか。私たちは普通に生活している中、全く光を失った闇を体験することは困難です。表面的ですが闇は見失われているのです。戦争を体験された方々はいざ知らず、ここに集う多くの者たちは本当の意味での恐怖・闇を理解していないかも知れません。戦争に対する恐怖、死に対する恐怖を、目の前にしていない幸いがある反面、本当の意味での神の救いの喜びをも理解することが出来ない状況の中に、私たちは置かれているのです。
 羊飼いたちに、天使は語り、天の大軍が神を讃美いたします。彼らは闇の中・恐怖を覚えたからからこそ、光を理解し、救いを喜ぶことが出来たのです。彼らに迷うことなくベツレヘムへ向かいます。神さまを信じ、信仰に生きるとは、まさに闇、恐怖を知っているからこそ、そこに指し示す光、平安・喜びをもたらす福音を頼りに生きるのです。

V.羊飼いとしての主イエス
 私たちは、いつもふらふらして、主なる神さまを忘れ見失います。主の御前から逃げ去ってしまうこともあるかも知れません。しかし闇夜の中、光としてお生まれ下さった御子は、羊飼い・大牧者として、本当の闇や恐れすらも見失っている私たちと共にいて下さり、私たちを守っていてくださいます。私たちを守り、命を救うために、御子は十字架に苦しみ、死を成し遂げてくださいました。そして御子は死に打ち勝ち、甦られ、天国へ凱旋されたのです。私たち今は、この光り輝く救い主イエス・キリストと共に歩んでいるのです。本当の闇、本当の恐れが見えなくなってきている今、なおも私たちは、本当に光り輝く救い主イエス・キリストが、私たちの羊飼い、大牧者として立っていてくださるのです。


                                              (2010.12.23)


COPYRIGHT(C) 2010 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る