【新年礼拝説教】  辻 幸宏牧師

「神に喜ばれるために」  テサロニケ一4章1~8節



テサロニケの信徒への手紙一4章1~8節


4:1 さて、兄弟たち、主イエスに結ばれた者としてわたしたちは更に願い、また勧めます。あなたがたは、神に喜ばれるためにどのように歩むべきかを、わたしたちから学びました。そして、現にそのように歩んでいますが、どうか、その歩みを今後も更に続けてください。
4:2 わたしたちが主イエスによってどのように命令したか、あなたがたはよく知っているはずです。
4:3 実に、神の御心は、あなたがたが聖なる者となることです。すなわち、みだらな行いを避け、
4:4 おのおの汚れのない心と尊敬の念をもって妻と生活するように学ばねばならず、
4:5 神を知らない異邦人のように情欲におぼれてはならないのです。
4:6 このようなことで、兄弟を踏みつけたり、欺いたりしてはいけません。わたしたちが以前にも告げ、また厳しく戒めておいたように、主はこれらすべてのことについて罰をお与えになるからです。
4:7 神がわたしたちを招かれたのは、汚れた生き方ではなく、聖なる生活をさせるためです。
4:8 ですから、これらの警告を拒む者は、人を拒むのではなく、御自分の聖霊をあなたがたの内に与えてくださる神を拒むことになるのです。




Ⅰ.キリスト者として、主の御前に立とう!
 信仰生活が長くなると、聖書朗読によりだいたい何が語られているのか、説教を聞く前に理解することが出来ることもあるかと思います。しかし聖書が繰り返し語られることは重要です。パウロが手紙を書き送っているテサロニケの教会は、周辺のマケドニア州、アカイア州の信者たちに援助なども行い、模範となる信仰生活を送っていました(1章)。しかしパウロはこのテサロニケの信徒たちに対して「どうか、その歩みを今後も更に続けてください」と語ります(1)。それはキリスト者といえども、主なる神さまの御前から離れ、自分で信仰を貫こうとする時、自分の思いに従って歩み始めてしまうからです。
 私たちはキリスト者として、自分や周囲の人たちを喜ばすために神さまを信じているのではなく、神に喜ばれるためにどのようにすべきかを私たちは考え、行動することが求められています(ガラテヤ1:10)。私たちは、私たちを救いに導いて下さった主なる神さまの御前に、己を置かなければなりません。ヨシュア記7章にはアカンの罪が示されています。誰にも知られずにいた一人の罪によって、エリコを占領したばかりのイスラエルの歩みが止められます。主なる神さまの御前に、私たちは何一つ隠すことが出来ないのです。主なる神さまは、あなたをすべてご存じだからです。その上で、主は御子をこの世にお送り下さり、あなたの罪はキリストの十字架によって贖われ、あなたは救われたんだと宣言して下さっているのです。だからこそ私たちは、主なる神さまによって買い取られ、神のために生きることが求められているのです。私たちは罪を隠すことが出来ないけれども、キリストの十字架によって罪が赦され、永遠の生命が与えられた神の子とされているのです。だからこそ私たちは自分や周囲の人たちを喜ばすために生きるのではなく、主に喜んで頂くために生きることが求められているのです。そして私たちが神のしもべとして生きようとする時、私たちは、主がお語りになる御言葉に聞くことが求められているのです。
 ここでパウロは「あなたがたは聞いた」とは語らず、「あなたがたは知っている」と語ります(2)。「聞くこと」と「知ること・理解すること」とは区別しなければなりません。私たちは御言葉の聖書を朗読し、御言葉の説教を聞く時、聞いて理解するだけではなく、御言葉を知る必要があるのです。つまり「聞く」とは、話されている説教を理解しようとして聞くことであり、「理解する」とは、話された説教において何が語られたのかを知的に受け入れることです。しかし「知る」とは、理解した上で実行が伴うのです。説教を理解することは、礼拝に続けて出席していれば加納です。しかし、知ることは難しいのです。御言葉を知ることは、主が御言葉を通してお語りになられたことを理解し、自らの罪を悔い改め、御言葉によって示された主の命令に聞き従うことが求められるのです。だからこそ、信仰とは知的理解に留まっていてはだめであり、体全体で神さまによる救いを喜ぶことであり、神さまに奉仕することが求められるのです。

Ⅱ.神の器に御言葉を蓄えよ!
 では私たちは、神に喜ばれるために何が求められているのか? 第一に「神の御心は、あなたがたが聖なる者となること」、第二に「互いに愛し合う」こと、そして第三に復活の希望に生きることです。
 私たちは主なる神さまの御前に立ち、己を露わにしなければなりません。これは、私たちが主の御前に罪人であることを確認することです。長く信仰生活を続けている人であっても、地上の歩みを続けている間は罪赦された罪人であり、完全聖化は地上の生涯を終える時を待たなければなりません。地上の歩みを行っている間は、罪の誘惑に誘われ、罪を繰り返すのです。特にパウロは性的な乱れについて語って参りますが、そのことに留まる必要はありません。4節で「妻」と訳されている所は「からだ」(新改訳)と訳される言葉で、通常は「器」と訳すことが出来る言葉です(参照:ローマ9:20~24)

 ③神の器に蓄えるもの
 またパウロは5節で「異邦人」と語りますが、これはイスラエルに対する異邦人ではなく、神の民(キリスト者)に対する異邦人、非キリスト者のことです。神を知らない異邦人は、神の義・聖・真実を知らず、自らが生きる規準となっています。そこに罪が混入するのです。彼らは自らの器を自分勝手に用いて、創り主である主なる神さまのために用いることは致しません。しかし、神の救いに導かれたキリスト者は、キリストの十字架による罪の贖いと救いが与えられたと同時に、神の子に相応しい者として生きるために、神の器に蓄える律法が与えられているのです。律法は、主の御前に己を置いた時の罪の規準となりますが、同時に、神の子として生きようとする時、神の子としてふさわしく生きるため、キリストに倣って生きるための指針としても示されているのです。だからこそパウロは、改めて、神がお方なりになる御言葉に聞き続け、御言葉を知り、御言葉を実践することにより聖なる歩みを行うように求めるのです。

Ⅲ.互いに愛し合う生活
 神の器として与えられた自分を、自分の思いのまま、情欲におぼれて生きようとする時、それは周囲の人たち、兄弟姉妹に対する罪を誘発します。
 私たちは主なる神さまが召し出して下さり、キリストの十字架によって罪が贖われ、神の子としての永遠の生命が与えられているのです。だからこそ、信仰を告白している者は、この後聖餐式に与りますが、この聖餐式によって、キリストの十字架に繋がっている者であると同時に、与えられる天国における大晩餐に招かれていることを確認するのです。ここにこそ神によって創造された私たちの本当の喜び、祝福があります。地上にあるものとして肉の欲望に生きるのではなく、神の器に神の御言葉を蓄え、神に喜ばれるために今年一年歩むことができるように求められています。この時、私たちは、主なる神さまによって喜ばれる者として、主に仕え、そして周囲の人たちに対しても愛を持って、互いに祈りあい、支え合うことが出来るものとされていくのです。


                                              (2011.1.2)


COPYRIGHT(C) 2011 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る