トップ > 説教要約 > 2011年受難週説教


【受難節の説教】  「キリストへの死刑判決」  辻 幸宏牧師


  ヨハネによる福音書18章38節〜19章16節

 18:38 ピラトは、こう言ってからもう一度、ユダヤ人たちの前に出て来て言った。「わたしはあの男に何の罪も見いだせない。39 ところで、過越祭にはだれか一人をあなたたちに釈放するのが慣例になっている。あのユダヤ人の王を釈放してほしいか。」40 すると、彼らは、「その男ではない。バラバを」と大声で言い返した。バラバは強盗であった。
  19:1 そこで、ピラトはイエスを捕らえ、鞭で打たせた。:2 兵士たちは茨で冠を編んでイエスの頭に載せ、紫の服をまとわせ、:3 そばにやって来ては、「ユダヤ人の王、万歳」と言って、平手で打った。:4 ピラトはまた出て来て、言った。「見よ、あの男をあなたたちのところへ引き出そう。そうすれば、わたしが彼に何の罪も見いだせないわけが分かるだろう。」:5 イエスは茨の冠をかぶり、紫の服を着けて出て来られた。ピラトは、「見よ、この男だ」と言った。:6 祭司長たちや下役たちは、イエスを見ると、「十字架につけろ。十字架につけろ」と叫んだ。ピラトは言った。「あなたたちが引き取って、十字架につけるがよい。わたしはこの男に罪を見いだせない。」:7 ユダヤ人たちは答えた。「わたしたちには律法があります。律法によれば、この男は死罪に当たります。神の子と自称したからです。」:8 ピラトは、この言葉を聞いてますます恐れ、:9 再び総督官邸の中に入って、「お前はどこから来たのか」とイエスに言った。しかし、イエスは答えようとされなかった。:10 そこで、ピラトは言った。「わたしに答えないのか。お前を釈放する権限も、十字架につける権限も、このわたしにあることを知らないのか。」:11 イエスは答えられた。「神から与えられていなければ、わたしに対して何の権限もないはずだ。だから、わたしをあなたに引き渡した者の罪はもっと重い。」:12 そこで、ピラトはイエスを釈放しようと努めた。しかし、ユダヤ人たちは叫んだ。「もし、この男を釈放するなら、あなたは皇帝の友ではない。王と自称する者は皆、皇帝に背いています。」:13 ピラトは、これらの言葉を聞くと、イエスを外に連れ出し、ヘブライ語でガバタ、すなわち「敷石」という場所で、裁判の席に着かせた。:14 それは過越祭の準備の日の、正午ごろであった。ピラトがユダヤ人たちに、「見よ、あなたたちの王だ」と言うと、:15 彼らは叫んだ。「殺せ。殺せ。十字架につけろ。」ピラトが、「あなたたちの王をわたしが十字架につけるのか」と言うと、祭司長たちは、「わたしたちには、皇帝のほかに王はありません」と答えた。:16 そこで、ピラトは、十字架につけるために、イエスを彼らに引き渡した。



序.
 今日から受難週に入ります。神の御子イエス・キリストが十字架に死に、私たちの罪は贖われました。今日は、主イエスの十字架を覚えつつ、御言葉に聞きます。

T.使徒信条に記されたポンティオ・ピラト
 ユダヤ人たちが主イエスを逮捕し、殺そうと計画をしていました。一方、使徒信条では主イエスが十字架に架けられた責任は、ポンティオ・ピラトひとりです。もちろんユダヤ人たちに罪がなかったわけではありません。しかし、最終的な責任者として使徒信条は、ポンティオ・ピラトの名を残します。そもそもピラトとは、パレスチナに駐在していたローマ総督です。聖書は、四福音書がそろってピラトが主イエスの十字架の最終決定者であると語り、地上の主権者の代表者としするのです。

U.ユダヤ人の王とは
 しかしピラトの名だけが残されているのは気の毒であるように思われる方もいるでしょう。なぜならピラトは主イエスと取り調べている間、一貫して「わたしはあの男に何の罪も見いだせない」(18:38)と語り、主イエスが無実であると信じていたからです。つまりピラトは、ユダヤ人たちの訴えていることが、ローマ皇帝に代わるユダヤの王として君臨するものではなく、ユダヤ人の信仰の問題であるとの理解にあったからです。この点では彼の理解は正しかったのです。
 主なる神さまは、アブラハムを選び、イスラエル(ユダヤ人)を神の民としてお選び下さいました。イスラエル民族は信仰共同体であり、主なる神さまを信じ、主なる神さまによってイスラエルは生きる道が示されてきていたのです。この時彼らには、地上の生活も、主なる神さまによって示されていたのです。しかしイスラエルの民は、他国と同様に上に立つ権威者としての「王」を主に求め、サウル、ダビデが王として立てられていきます。つまり主がお立て下さった王は、主の代理者として地上を治める権威が与えられたのです。そしてこの時以降イスラエルの民は、地上を治める王として約束のメシアが来られ、この王が、イスラエルをローマから解放し、神の国を完成して下さるものと信じていたのです(12節)。彼らの求めていたのは、ローマを滅ぼす力を持っているような王の姿でした。しかし主イエスにはそのような地上の権力者の姿を見つけられないと、逆に主イエスがローマ皇帝に背く者として訴えるのです。ここに彼らの理論矛盾を見ることが出来ます。
 一方ピラトは、主イエスを信仰の対象者、霊的な王として理解します。だからこそ、自らはイスラエルの王、霊的な信仰者としての王を裁く権能はないとの理解に立つのです。しかし私たちは地上に立てられている為政者の責任を忘れてはなりません(参照:ローマ書13:1〜4)。上に立つ権威者は、神に由来する権威を委ねられている者として、それだけの責任があり、また権威があるのです。11節の主イエスの言葉「神から与えられていなければ、わたしに対して何の権威もないはずだ」は、ピラトに与えられた神からの権威と責任があることを示されています。だからこそ、ピラトが最終的に決断を下したことに対して、彼は言い逃れをすることが出来ないのです。
 その上で朱イエスは「だから、わたしに対してあなたに引き渡した者の罪はもっと重い」(11)と語られます。ユダヤ人たちは、主から与えられた権威がないにも関わらず、主イエスをピラトに引き渡したのであり、彼らの罪も指摘されるのです。

V.王の王、主の主を畏れよ
 私たちは、地上に立てられた権威者と、霊的な王としてのキリストを理解しなければなりません。キリストは、ピラトが理解していたように、霊的な指導者であり、永遠の存在です。地上における時間的な制限をもって地上を治める王とは区別されなければなりません。しかし一方にあって、地上に立てられた王は、すでに確認してきたように主によって立てられた権威者です。だからこそ地上の王も、主なる神さま・主イエス・キリストにひれ伏し、従うことが求められます。だからこそ主イエスは、「王の王、主の主」と呼ばれるのです。
 しかしピラトは、本来、ローマ皇帝の上に立てられた権威者である主イエスを畏れるのではなく、目の前にいるユダヤ人を恐れたのです(8、13節)。ユダヤ人たちから支持を失うことにより、自らの総督という地位が剥奪され、失脚することを恐れたのです。ここに彼の罪があるのです。

 さて、私たちは今、使徒信条に記されているポンティオ・ピラトの罪を中心に、ユダヤ人にも責任があることを御言葉から確認してきたのですが、私たち自身、傍観者であってはなりません。私たち自身は、「キリストを十字架に架けよ」と叫び続けているユダヤ人に対して、反対の声を上げることが出来なかった群衆の一人です。ピラト一人に、主イエスの十字架の責任を背負わせるのではなく、もっと罪の重いユダヤ人たちと同様に、主イエスに死刑判決をして、十字架に掲げた責任があることを忘れてはなりません。もちろん私たちは、直接的に2000年前の裁判にかかわったわけではありませんが、今も傍観者であり、他人事であろうとしている姿こそ、キリストを十字架に架けた罪が私たちにもあるのです。キリストは、こうした私たちの罪を知りながら、私たちの罪を贖い、神と和解して下さるために、十字架に架かり、肉の生命をお渡し下さったのです。私たちはもう、十字架を背負い、苦しむことから解放されているのです。自らの罪を覚え、悔い改めを新たにし、キリストの贖いによる救いにあること、永遠の生命の喜びにあることに、感謝と喜びをもって、この一週間も歩んでいこうではありませんか。

                                               (2011.4.17)


COPYRIGHT(C) 2011 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る