トップ > 説教要約 > 2011年受難週説教


【復活節の説教】  「なぜ泣いているのか?」  辻 幸宏牧師


  ヨハネによる福音書20章11節〜18節

  20:11 マリアは墓の外に立って泣いていた。泣きながら身をかがめて墓の中を見ると、12 イエスの遺体の置いてあった所に、白い衣を着た二人の天使が見えた。一人は頭の方に、もう一人は足の方に座っていた。13 天使たちが、「婦人よ、なぜ泣いているのか」と言うと、マリアは言った。「わたしの主が取り去られました。どこに置かれているのか、わたしには分かりません。」14 こう言いながら後ろを振り向くと、イエスの立っておられるのが見えた。しかし、それがイエスだとは分からなかった。15 イエスは言われた。「婦人よ、なぜ泣いているのか。だれを捜しているのか。」マリアは、園丁だと思って言った。「あなたがあの方を運び去ったのでしたら、どこに置いたのか教えてください。わたしが、あの方を引き取ります。」16 イエスが、「マリア」と言われると、彼女は振り向いて、ヘブライ語で、「ラボニ」と言った。「先生」という意味である。17 イエスは言われた。「わたしにすがりつくのはよしなさい。まだ父のもとへ上っていないのだから。わたしの兄弟たちのところへ行って、こう言いなさい。『わたしの父であり、あなたがたの父である方、また、わたしの神であり、あなたがたの神である方のところへわたしは上る』と。」18 マグダラのマリアは弟子たちのところへ行って、「わたしは主を見ました」と告げ、また、主から言われたことを伝えた。



T.主イエスを葬ろうとするマリア
 「なぜ泣いているのか?」 マグダラのマリアは、「私の先生である愛するイエスさまがお亡くなりになったばかりか、葬ったはずの墓からなくなったのです」。このような答えを持っていたことでしょう。マリアは、マグダラのマリアと呼ばれ、7つの悪霊を主イエスによって追い出して頂いた後、主イエスを慕い、主イエスに同行していたのです(ルカ8:2)。マリアにとって主イエスはただひとり信頼でき、慕うことが出来た先生でした。墓には、シモン・ペトロともう一人の主イエスが愛しておられた弟子が一緒に来ていましたが(2)、彼らは家に帰って行きました(10)。マリアは一人取り残されますが、墓を離れることが出来ませんでした。途方に暮れていたと言ってよいでしょう。
 マリアにとって主イエスが死を遂げられたことは、主イエスとの別れを意味していたのです。だからこそ、最後に遺された遺体を丁重に葬ることで、一つの区切りをつけようとしていたのです。しかし、主イエスの遺体が見つからず、呆然としていたのです。

U.復活された主イエスとマリア
 しかし、私たちの救い主イエス・キリストは、十字架の死から三日目の朝、復活されたのです。復活された方を捜すのに、墓の中を覗いていても見つかるわけはありません。
 この時、最初に二人の天使が現れ、主イエスの復活を証しします。そして続けて、復活の主イエスがマリアに現れ、語られます(15)。ここで主イエスは、「何を」ではなく「だれを」と問いかけます。マリアの心を見抜き、魂の抜けた物と化した遺体ではなく、命ある人間としての主イエスを捜し続けているのではないかと、問いかけられるのです。
 しかしこの時マリアは、復活の主イエスを園丁だと決めつけます。エマオの途上の二人の弟子たち同様(ルカ24章)、「主イエスは死んだ」との固定概念を持っている状況の中、主イエスが目の前に立っていても、復活の主イエスを見つけることは出来ません。これは聖書を読み、説教を聞いている私たちも同様です。心が閉ざされ、「主イエスは死んだ」、「死人が復活などあり得ない」、「神などいない」と固定概念を持っていると、主イエス・キリストが救い主であることを受け入れることは出来ないのです。
 では、十字架に架けられた時の主イエスと、復活された時の主イエスの御姿は、それ程までに違っていたのか。復活した主イエスは、トマスに「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい」(20:27)とお語りになります。復活されても、体そのものは前と変わりがない、その延長線上にあるのです。ただ復活の主イエスの体は、永遠の生命に繋がる神の栄光に満ちておられたのです。マリアは、主イエスの姿を見て、声を聞いていたのですが、見えない状態、聞こえない状態にあったのです。

V.主の御声に聞け!
 しかしイエスが、「マリア」と言われると、彼女は振り向いて「ラボニ・先生」と言ったのです(16)。マリアの心は開かれ、復活された主イエスと出会ったのです。復活の主イエスと出会うとは、単に顔を合わせ会話を行うことではありません。復活し、今生きておられる救い主イエス・キリストであることを理解し、信じることです。
 まさに復活の主イエスは、マリアの救い主であり、神の国に導く羊飼いです(参照:ヨハネ10:3-4)。私たちも、今、主がお語りになっているこの御言葉を通じて、復活の主イエスと出会うことが、求められているのです。死に打ち勝ち、勝利を遂げてくださった方が、今、ここに集っておられる皆さんに対しても、復活と永遠の生命に繋がる救いをお示し下さっておられます。この主の招きを聞き入れ、信じて頂きたいのです。

W.
 そして復活の主イエスは弟子たちに対して「弟子たち」・「僕たち」とは呼びかけられずに、「兄弟」と呼びかけて下さいます(17)。私たちの罪を贖うために十字架の御業を成し遂げて下さった御子が、私たちを兄弟姉妹と呼びかけて下さるのです。そしてキリストは、父なる神さまの御許に上げられます。キリストの兄弟姉妹とされた私たちもまた、キリストと同じように、主なる神さまからの栄光と祝福が与えられるのです。
 私たちは聖餐式に与ります。聖餐式は、キリストが天に上られた場所、天国において、主の晩餐に招かれていることを覚え、前味を味わっているのです。約束は成就いたします。主イエスが復活を遂げられたように、主イエスの復活を信じる私たちもまた、肉の死で終わりとなるのではなく、主イエスが再臨され、私たちを迎えに来て下さる時、私たちに復活の体を与え、天における晩餐に招いて下さるのです。キリストが私たちの救いのために死に打ち勝ち甦って下さったことに、心から感謝と喜びをもって主に仕えていきましょう。

                                           (2011.4.24)


COPYRIGHT(C) 2011 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る