トップ > 説教要約 > 2011年受難週説教


【復活節の説教】  「主によって招かれ、主によって信仰が与えられる」
  辻 幸宏牧師


  ヨハネによる福音書20章19節~29節

  19 その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。20 そう言って、手とわき腹とをお見せになった。弟子たちは、主を見て喜んだ。21 イエスは重ねて言われた。「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」22 そう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。23 だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。」
  24 十二人の一人でディディモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたとき、彼らと一緒にいなかった。25 そこで、ほかの弟子たちが、「わたしたちは主を見た」と言うと、トマスは言った。「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。」26 さて八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。27 それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」28 トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。29 イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」



 今日与えられた御言葉の中心にトマスがいます。疑い深いトマスと言われることがあることを、今日のリジョイスでも語られていました。また主イエスが29節で語られた「見ないのに信じる人は、幸いである」との御言葉は、私たちの信仰において重要な位置づけを持つ御言葉です。
 そうした中、週の初めの日に私たちが主なる神さまを礼拝すること、その礼拝には主が呼びかけて下さる全員が集うものであること、この2つのことについて、今日与えられた御言葉かから聞きたいと思います。

 主イエスが復活された日、つまり週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて家の中に閉じこもっていました(20:1,19)。つまり主を礼拝する気持ちではなく、自らの保身のためであります。マグダラのマリアから主イエスが復活されたことを聞き、墓の化から主イエスの遺体がなくなったために、ユダヤ人たちが取り返しに来るかも知れないと、恐れを持っていたのではないでしょうか。だからこそ家の戸には鍵をかけていたのです。
 しかしここに復活の主イエスが現れます。鍵がかけてあったことに関して、様々な想像をすることができるでしょうが、主イエスが復活し主の栄光の姿であったこと、全知万物を創造され、自然を統治しておられる主であることを私たちが確認する時、空間を超えて、存在される復活の主イエスの姿も受け入れることが出来るのです。
 この時、主イエスは弟子たちを祝福して下さり、伝道へと促します。続けて、息を吹きかけられます。聖霊降臨は、主イエスが昇天後となり、しばらく待たなければなりません。しかし弟子たちに息が吹き入れられたということは、主が人を創造された時に「その鼻に命の息を吹き入れられた」(創世2:7)の御言葉を彷彿とさせます。つまり、罪により死に、主から離れていた人間に対して、主が本来の人間の姿を取り戻させて下さったのです。
 逃げ隠れていた弟子たちは、復活の主イエスと出会うことにより、主を礼拝する者とされ、同時に伝道する者として主から遣わされていくのです。

 伝道とは、未だ救い主と出会っていない神の民を捜し出し、神の御前に集まり、神を礼拝する者へと働きかけることです。先の弟子たちも、主イエスによって伝道され、信じる者とされたといってよいでしょう。しかし、伝道され、主を信じる者となるのは、先の弟子たちのように、すぐに信じる者たちばかりではありません。そのことが主イエスの弟子トマスによって示されています。
 彼は、他の弟子たちのように復活の主イエスと出会うことは出来ませんでした。そのため、他の弟子たちが復活の主イエスを証ししているにもかかわらず、心を頑なにして、復活の主イエスに出会っただけでは信じない、「釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない」(25)とまで語ります。しかし心を頑なにしているトマスであっても、8日後、つまり次の主の日には、他の弟子たちと共に行動して、主を礼拝する場に集められているのです。他の弟子たちと同様、トマスも、自ら主を礼拝するために主の御前に集まったのではありません。むしろ主が、神の民とする弟子たちの所に、そしてトマスの所に来て下さり、主御自身を証しし、主を信じるように導いて下さるのです。
 主は私たちに伝道することを求めておられます。しかし伝道とは、私たちは誘い、教会に、そして主の御前に人を招くことであります。主が御言葉をもって集められた者の頑なな心に働きかけ、主なる神さまによる救いが示され、信仰と罪の悔い改めが与えられていくのです。

                                           (2011.4.27)


COPYRIGHT(C) 2011 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る