【クリスマスの説教】  「ヨセフに起こった出来事」  辻 幸宏牧師



マタイによる福音書1章18〜25節

  18 イエス・キリストの誕生の次第は次のようであった。母マリアはヨセフと婚約していたが、二人が一緒になる前に、聖霊によって身ごもっていることが明らかになった。19 夫ヨセフは正しい人であったので、マリアのことを表ざたにするのを望まず、ひそかに縁を切ろうと決心した。20 このように考えていると、主の天使が夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。21 マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」22 このすべてのことが起こったのは、主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった。
 23 「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。
    その名はインマヌエルと呼ばれる。」
この名は、「神は我々と共におられる」という意味である。24 ヨセフは眠りから覚めると、主の天使が命じたとおり、妻を迎え入れ、25 男の子が生まれるまでマリアと関係することはなかった。そして、その子をイエスと名付けた。


序.
 3月11日以降、日本人の生活、価値観は変化しました。そして自分たちの力、自分たちの想定を超えて働く力があることを、日本人は知ったのです。自然を御支配になられる主なる神さまは、人間の力・想定を超えて働くお方であります。そして、自然を治めておられる神さまの御前に、私たちはどうあるべきかを考えていかなければならないのです。

T.縁を切ろうとするヨセフ
 主イエスの母マリアの夫ヨセフがどういう人物であったか、聖書はほとんど語りません。しかし主なる神さまは、主イエスの母マリアをその器にお選び下さったのと同じように、ヨセフをもその器にお選び下さったのです。だからこそ、私たちは、主の御前に生きる者として、ヨセフの歩みをとおして、自らの信仰を顧みなければなりません。
 「母マリアはヨセフと婚約していたが、二人が一緒になる前に、聖霊によって身ごもっていることが明らかになった」(18)のです。当時結婚前に関係を結ぶことは、姦淫の罪であり、両者は石打ちの刑に処せられたのです。ヨセフにとっては、結婚を控え、災難が襲いかかってきたといってよいでしょう。ヨセフは、マリアと離縁した上で、マリアを告発することにより、自らの潔白を立証することが出来ました。しかしヨセフは、マリアを告発することはせず、ひそかに縁を切ろうと決心します(19)。つまりヨセフは、マリアに対して恨みを持つことなく、マリアのことも考えた上で、マリアのことを表ざたにすることなく、ひっそりと自らが消えて行こうとしたのです。
 これは彼の信仰の表れです。隣人を自分のように愛すること、それは律法によって主から教えられていることです。彼はそれを実践しているのです。ヨセフにとって、マリアに起こったことはいわば裏切り行為です。親しい者、夫婦になろうとする者からの裏切りは、通常であれば、愛情の裏返しであります憤り、恨みへとつながるのです。しかしヨセフはマリアに対して憤ることではなく、愛をもって包もうとしたのです。主イエスは、「七回どころか七の七十倍までも赦しなさい」(マタイ18:22)とお語りになられていますが、裏切り、罪が自らに示されたとしても、相手を愛し、罪を赦すところに神の子としての生き方が示されるのであり、ヨセフはそのことを実践しようとしたのです。

U.マリアとイエスを引き受けるヨセフ
 しかしヨセフは、主の天使が現れ、マリアの妊娠が主によって与えられた恵みであることが示されると、すぐマリアを受け入れたのです。つまりこの時、ヨセフは、人間的に言えば、捕らえられ石打の刑に処せられることに脅えつつも、主なる神さまの御業を信じ、主なる神さまによる守りと養いを信じて行動したのです。
 ヨセフは、主イエスの母マリアの夫となることにより、この後も大きな災難に見舞われます。救い主イエスがお生まれになったことが知れ渡った時、ユダヤの王ヘロデは、「ベツレヘムとその周辺一帯にいた二歳以下の男の子を、一人残らず殺させ」た(2:16)のであり、ヨセフとマリアと幼子は、エジプトに逃れなければならなくなります。夢に描いていた生活とはかけ離れた状況ではないでしょうか? 彼がどの様な思いであったのか聖書はまったく語りませんが、マリアと離縁することなく、またマリアの子であるイエスを見捨てることもせず、彼らを守っていくことを選択していくこととなるのです。
 ヨセフのマリアに対する愛、そして天使によって語られる主の御言葉に聞き従い、主を畏れ敬う信仰を、私たちは聖書から読み取ることが出来るのであり、だからこそ聖書は「夫ヨセフは正しい人であった」(19)と最大限の賞賛を記します。
 ローマ3:10「正しい者はいない。一人もいない」で語るとおり、神の義を担った人は誰もいません。罪があり、全的に堕落していることを聖書は語ります。ただキリストの十字架の贖いに与り、罪が赦され、神の救いに入れられることが求められるのです。そうすることにより義と認められ、神の子とされ、永遠の生命が約束されるのです。しかしここでセフは正しい人であったと聖書が語るのは、自らの内にもたらされる試練・災難に対しても、生きて働く主なる神さまを畏れ、信じ、主の御言葉に聞き従い、隣人を愛することに徹底して生きようとしたことに対する主からの賛辞だったのではないでしょうか。
 私たちは、私たちにもたらされる艱難・災難があろうとも、すべてが主なる神さまの御支配の下にあることを受け入れ、主が私たちに最も良きものをお与え下さるための備えであることを信じて、主を愛し礼拝し、隣人を愛し仕えていくことが求められているのです。


                                              (2011.12.16)


COPYRIGHT(C) 2010 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る