【クリスマスの説教】  「霊的信仰に目覚めよ」  辻 幸宏牧師



マタイによる福音書2章1〜12節

  1 イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、2 言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」3 これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。4 王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。5 彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。
6 『ユダの地、ベツレヘムよ、
  お前はユダの指導者たちの中で
  決していちばん小さいものではない。
  お前から指導者が現れ、
  わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」
  7 そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。8 そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。9 彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。10 学者たちはその星を見て喜びにあふれた。11 家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。12 ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。



 主は、アブラハムを選び、ダビデの子として救い主がお生まれになることを約束して下さっていました。そしてマタイ福音書1章においては、まさにアブラハムから繋がるイスラエルの系図に属するダビデの子孫としてイエス・キリストがお生まれになったことを確認します。そしてユダヤ人はメシアである救い主の誕生を待ちわびていたのであります。
 しかし現実に主イエスがお生まれになった時の状況はどうであったでしょうか? 当時のユダヤの王であったヘロデは、自らの王位が揺るがされることに恐怖を覚え、幼子イエスを殺しにかかります。このことは13節以降において宣べられていますので、今回は取り上げません。
 今回取り上げることであり、私たちにとって驚くべきことは、第一に、この知らせを聞いたエルサレムの人々すべてが、ヘロデ王と同様に不安を抱いたことです。皆そろって「不安を抱く」ということは、ユダヤ人の王としてメシアがお生まれになることに対する恐れがあったのではないでしょうか。変化に対する恐れです。実質的にローマに支配されていた状況の中にあって、ユダヤ人は、解放されることを願っていたのであり、真の救い主を求めていたはずであります。しかし実際にユダヤ人の王としてメシアがお生まれになることにより、政変が起こり、自分たちの生活に変化がもたらされるのです。それを畏れたのではないでしょうか。つまり民にとって、真の救いを求める以前に、自らの生活・現状に甘んじていることがここで明らかになるのです。霊的鈍感さです。
 私たちの驚きの第二のことは、祭司長たちや律法学者たちが、王の指示によってメシアの誕生について調べることが求められた時に、旧約聖書(ミカ5:1)の預言から的確に指摘することが出来るにも関わらず、関心を示さなかったことです。異邦人である東方の博士たちがユダヤ人の王としてメシアがお生まれになったことを知り、直接お会いするためにはるばるエルサレムに来ているにも関わらず、祭司長たちは律法学者たちは、そのことが真実であるか否か、確認することすらせず、関心を示さないのです。つまり彼らは、主の御言葉に対する知識は持ち合わせていましたが、それが現実社会の中にあって実現する言葉としては受けとめていなかったのです。これこそが、霊的鈍感、主の召しに対する使命感の喪失です。
 一方、東方の占星術学者たちは、星に導かれてエルサレムにやって来るのです。彼らがどこから来たのか、また何人くらいいたのか、聖書は語りません。しかし、ユダヤに誕生するメシアが、単にイスラエルの民のメシアではなく、自分たちにとってもメシアであるとのするどい感覚を彼らは持っていたのです。彼らは異邦人であり、占星術学者、つまり星占いという偶像につながる信仰者でした。しかし闇夜に輝く不思議な星を見て、闇夜を照らす光としてのメシアにたどり着くのです(ヨハネ1:5)。旧約聖書民数記24:17では「ひとつの星がヤコブから進み出る」と託宣が語られています。この託宣を語ったのは、モアブの王バラクに、イスラエルを呪うために召された主からの使いバラムであります。彼は、イスラエルを呪うどころから、イスラエルを祝福してしまいます。主はバラムに主からの託宣を、モアブの王バラクを前にして宣べさせるのであります。モアブの王バラクは、イスラエルに呪いをかけようとして主に対して背き続けるのですが、主は救い主の誕生に際して、ユダヤ人たちの霊的信仰を曇らせ、異邦人である東方の占星術学者の霊的信仰を輝かせて下さったのです。
 私たちの救い主は、クリスマスの夜に、霊的信仰が呼び起こされた異邦人に示されたように、神の国の完成させて下さるために、再びこの世に来て下さいます。私たちは輝く明けの明星である再臨のイエス・キリストを見失ってはなりません(黙示録22:16)。霊的に常に目を覚まし、御言葉に基づく信仰の歩みを続けて行かなければなりません。


                                              (2011.12.21)


COPYRIGHT(C) 2011 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る