【クリスマスの説教】  「命を狙われる救い主」  辻 幸宏牧師



マタイによる福音書2章13〜23節

  13 占星術の学者たちが帰って行くと、主の天使が夢でヨセフに現れて言った。「起きて、子供とその母親を連れて、エジプトに逃げ、わたしが告げるまで、そこにとどまっていなさい。ヘロデが、この子を探し出して殺そうとしている。」14 ヨセフは起きて、夜のうちに幼子とその母を連れてエジプトへ去り、15 ヘロデが死ぬまでそこにいた。それは、「わたしは、エジプトからわたしの子を呼び出した」と、主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった。
  16 さて、ヘロデは占星術の学者たちにだまされたと知って、大いに怒った。そして、人を送り、学者たちに確かめておいた時期に基づいて、ベツレヘムとその周辺一帯にいた二歳以下の男の子を、一人残らず殺させた。17 こうして、預言者エレミヤを通して言われていたことが実現した。
18 「ラマで声が聞こえた。
   激しく嘆き悲しむ声だ。
   ラケルは子供たちのことで泣き、
   慰めてもらおうともしない、
   子供たちがもういないから。」
  19 ヘロデが死ぬと、主の天使がエジプトにいるヨセフに夢で現れて、20 言った。「起きて、子供とその母親を連れ、イスラエルの地に行きなさい。この子の命をねらっていた者どもは、死んでしまった。」21 そこで、ヨセフは起きて、幼子とその母を連れて、イスラエルの地へ帰って来た。22 しかし、アルケラオが父ヘロデの跡を継いでユダヤを支配していると聞き、そこに行くことを恐れた。ところが、夢でお告げがあったので、ガリラヤ地方に引きこもり、23 ナザレという町に行って住んだ。「彼はナザレの人と呼ばれる」と、預言者たちを通して言われていたことが実現するためであった。


序.
 私たちは、闇夜の中ろうそくの光を頼りに、神さまを礼拝しています。2000年前にお生まれになったキリストこそが、私たちに生きる希望の光であることを指し示しています。

T.人としてお生まれになる救い主
 主イエスは普通の子どもとしてお生まれになったのであり、普通の子どもと異なる点は、 @母マリアが聖霊によって身籠もったこと
 A母マリアと夫となるヨセフには前もって聖霊によって救い主の誕生が示されたこと
 B旧約聖書において預言されており、ユダヤの王ヘロデ・東方の占星術の学者たち・羊飼いたちには、メシアの誕生が示されたことです。
 お生まれになったばかりの主イエスは、他の赤ちゃんと同じように、まさにマリアとヨセフによって守られなければ人間として生きていくことも出来ない弱さを担っておられたのです。少年イエスのエピソード(ルカ2:41-52)は、マリアとヨセフが親として子どもであるイエスを心配している様子が豊かに描かれています。
 そのためマリアとヨセフは、イエスさまが成長して福音を宣べ伝えるまでの間、責任が伴うのですが、それは一人の子どもの成長を見守る親としてばかりか、ユダヤ人の王としてお生まれになった幼子の命を狙う輩から命を守る大切な役割をも担わされたのです。

U.命が狙われる救い主
 弱さを担うことは、危険が伴うことです。権力者の多くは、自らの権力を狙う人たちを容赦しません。ヘロデは王位に就くと、最高法院の議員や関係者を300人殺したとも言われています。家族・子どもであろうが、王位を奪う危険性がある人の命を奪ったのです。
 主イエスがお生まれになった時も、ヘロデは子供たちの殺害を実行します。実際には20〜30名の子供たちの命が奪われたのです。独裁者が自らの危険を察知して行動する時、人々に突如として危険が訪れるのです。気がついた時にはすでに遅く、命が奪われていくのです。ヘロデがベツレヘムにおいて子供たちを虐殺したのも、一晩の出来事であったことでしょう。気がついた時にはもう逃げ場などなく、幼子は殺され家族の泣き叫びが響きわたったのです。こうした悲しみは、独裁者によって行われる虐殺の他に、戦争もあります。また、今回の震災でも同様です。私たちは、一瞬のうちに、幸福が取り除かれ、命が狙われたり、財産が奪われたりすることがあるのです。それは人ごとではありません。幸福な家庭が与えられているとすれば、主の恵みであるとして感謝すべきことです。

V.主の守りに置かれる救い主
 私たちは、迫害・災害に対して、どの様な準備をすることが求められるか? 防災への備えをするように言われます。しかし同じように迫害に対して、武器を準備し、戦う準備を行うことを主は求めているのでしょうか? そうではありません。私たちは救いをお与え下さり、私たちを神の子として永遠の生命に導いて下さる主なる神さまに委ねて、神の武具を身に付けることが第一に求められるのです(エフェソ6:12〜18)。主に委ね、御言葉に聞き、祈り続けることが何よりも重要なことです。
 まさに幼子イエスにもたらされる迫害の危険に対して、信仰的な歩みを行ったのがヨセフです。ヨセフは主の天使が現れた時(13)、それを、一人の主の僕として聞き従い、遠い国であったエジプトに家族共々身を寄せることを決心するのです。エジプトに行って頼る人などいなかったでしょうから、生活が維持できるかすら分かりません。またいつまで避難生活が続くのかもわかりません。しかしヨセフは、主の天使の声を信じ、行動したのです。これこそが神さまを信じて、神さまの御言葉に聞き従うキリスト者の姿です。
 主は、御子をこの世にお送り下さり、私たちの代わりに十字架の死と復活を成し遂げて下さり、私たちを救いに導いて下さいました。そのためにヨセフは主によって召されたのであり、必要な信仰の養いが与えられたのです。私たちに求められていることは、主による救いを受け入れ、主の御言葉に聞き従い、主にすべてを委ね祈り続けることです。
 ただ私たちが信仰を持ったからといって、どの様な迫害・災害から守られるのではありません。むしろ主の御前に私たちは、自ら行えることなど何もなく、常に主に委ねる信仰を深めることが求められているのです。私たちはどの様な迫害・災害・試練がもたらされたとしても、常に主に委ねて祈ることにより、主は私たちに最も相応しい答えをお与え下さいます。私たちはすでに救いの希望が与えられています。主イエスを信じることこそ、闇夜を照らす光として、私たちの生きる希望があるのです。


                                              (2011.12.24)


COPYRIGHT(C) 2011 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る