【クリスマスの説教】  「救い主を待ち望む」  辻 幸宏牧師



ルカによる福音書2章22〜38節

  22 さて、モーセの律法に定められた彼らの清めの期間が過ぎたとき、両親はその子を主に献げるため、エルサレムに連れて行った。23 それは主の律法に、「初めて生まれる男子は皆、主のために聖別される」と書いてあるからである。24 また、主の律法に言われているとおりに、山鳩一つがいか、家鳩の雛二羽をいけにえとして献げるためであった。
  25 そのとき、エルサレムにシメオンという人がいた。この人は正しい人で信仰があつく、イスラエルの慰められるのを待ち望み、聖霊が彼にとどまっていた。26 そして、主が遣わすメシアに会うまでは決して死なない、とのお告げを聖霊から受けていた。27 シメオンが“霊”に導かれて神殿の境内に入って来たとき、両親は、幼子のために律法の規定どおりにいけにえを献げようとして、イエスを連れて来た。28 シメオンは幼子を腕に抱き、神をたたえて言った。
29 「主よ、今こそあなたは、お言葉どおり
   この僕を安らかに去らせてくださいます。
 30 わたしはこの目であなたの救いを見たからです。
 31 これは万民のために整えてくださった救いで、
 32 異邦人を照らす啓示の光、
   あなたの民イスラエルの誉れです。」
33 父と母は、幼子についてこのように言われたことに驚いていた。34 シメオンは彼らを祝福し、母親のマリアに言った。「御覧なさい。この子は、イスラエルの多くの人を倒したり立ち上がらせたりするためにと定められ、また、反対を受けるしるしとして定められています。35 ――あなた自身も剣で心を刺し貫かれます――多くの人の心にある思いがあらわにされるためです。」
  36 また、アシェル族のファヌエルの娘で、アンナという女預言者がいた。非常に年をとっていて、若いとき嫁いでから七年間夫と共に暮らしたが、37 夫に死に別れ、八十四歳になっていた。彼女は神殿を離れず、断食したり祈ったりして、夜も昼も神に仕えていたが、38 そのとき、近づいて来て神を賛美し、エルサレムの救いを待ち望んでいる人々皆に幼子のことを話した。


序.
 3.11以降、多くの人々が苦しみの中に置かれ、復旧・復興が待ち望まれています。政治の停滞があり、もどかしさも感じます。人々の思いは、元の生活を取り戻したい、平安・安らぎを取り戻したいのであり、その先にこれから生きていく上にあっての希望の光を確認したいとの思いにあるのではないでしょうか。わたし自身、本当に何も出来ていません。ただ神さまに祈り求めるしかありません。

T.救い主を待つシメオン
 神の御子がお生まれになった時、イスラエルの慰められるのを待ち続けていた人がいました。その名はシメオン。シメオンは、主が遣わすメシアに会うまでは決して死なない、とのお告げを聖霊から受けていたのです。シメオンは、今までの人生において経験することの出来なかった喜びが、メシアに出会うことにより得られることを、知っていました。つまり主の約束は、人生における喜び・うれしさ・悲しみ・苦しみといった経験においては表現できない、人間とはどのような存在なのか、人間の生きる希望とは何か、人間としての存在価値に答えを与えるものです。シメオンは、救い主によって与えられる救いの約束に希望をもって、この時までも歩んできたのです。
 イスラエルでは、最初に生まれた男の子は、エルサレムの神殿において聖別されるために宮清めを行うことが求められていました(出エジプト13:2)。マリアとヨセフも、主の律法に従って幼子イエスを聖別するために、エルサレム神殿にやって来ます。シメオンにとってはどれだけ期間、待ち望んできたことか?

U.神の救いに与ろう!
 シメオンは、救い主である幼子イエスと出会い、イエスを腕に抱いた時、神を誉め称えます(29-32)。神による救いはメシアである御子と出会うことにより訪れるのです。私たちは、神さまを信じて、神さまの子どもとして歩む時、神さまのすべての恵みに満たされて生きることが出来るのです。そして神さまは、神の子である私たちに対して、この世における祝福ばかりか、神の国(天国)における永遠の生命を約束して下さるのです。
 神の御子イエスがこの世に来られたのは、まさに私たちを神さまの子として招き入れ、自らの罪の故に死に行く私たちを救い出すために、御自身が十字架で死を遂げるためです。だからこそ、シメオンが神の御子と出会い、私たちがイエス・キリストと出会うことにより、私たちは神の救いに与り、神さまがお造りになられた本来の人間性を回復し、神さまによって与えられる神の国における永遠の生命の祝福に生きることが出来るのです。
 シメオンたちは、幼子イエスと出会うことにより、神の救いを確認することが出来、喜びに満たされたのです。私たちは今、直接、救い主と出会うことは出来ません。しかし私たちも救い主と出会い、救い主による救いを得ることが出来るのです。それが御言葉の聖書と説教です。聖書の説き明かしである説教が語られることにより、私たちに救い主が示されたのであり、この御言葉を受け入れることにより私たちは神の救いに入れられるのです。信じればよいのであり、それ以外に資格はありません(参照:ウェストミンスター小教理86)。全世界の人々が、シメオンやアンナと同じように、2000年前にお生まれになったイエス・キリストを喜び、お祝いするのは、聖書の御言葉をとおして、今、私たちが救い主と出会い、私たちが神の救いにあることを確認することが出来るからです。

V.御子の御業
 救いに与るとは、この世の苦しみから解放される地上におけるパラダイムが与えられるのではないことをシメオンは知っており、マリアとヨセフに対して、次のように語ります(34-35)。私たちの救い主は世に示されましたが、多くの人たちは救い主を受け入れないのです。主イエス・キリストの時代、イスラエルにあって、目の前に救い主を確認することが出来る人々であっても、人々は救い主を拒絶するのです。最終的に、イエス・キリストを逮捕し、一番残酷な処刑である十字架の刑に処せるのです。
 神の御子による救いが示されることは、世の罪がはっきりと表れ、神に従う神の民とそれに逆らう者とにはっきりと分けられることです。つまり、神の救いに入れられるキリスト者とは、世に属し滅び行く者とは別の場所に生きる者として、神は聖別して下さるのです。そこに衝突があり、迫害が生じるのです。それが同時に、私たちが神の救いにあることに証しです。だからこそ私たちは信仰が人々に受け入れられないことを悲観する必要はありません。逆に、私たちが神の救いに生き、神の御言葉に従って神を証しする生活を続ける時、神の真理は人々に示されていくのです。これが伝道です。
 シメオンが救い主の誕生を待ちわびたように、救い主イエス・キリストによる救いの恵みが、この場に集う一人ひとりに示されています。どうぞ、救い主イエス・キリストの救い・イエス・キリストの恵みに満たされて、希望をもって歩んで頂きたいものです。


                                              (2011.12.25)


COPYRIGHT(C) 2011 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る